片翼の召喚士-ReWork-:episode489

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 勇気と決断編:episode489

 煌びやかな灯りに照らされた玄関ホールには招待客が溢れ、入ってくる客たちを眺めながら談笑で賑わっている。

「副宰相閣下、魔法部隊長官殿、そしてお嬢様、ようこそグローイ宮殿へ」

 長身で恰幅のいい中年の男が、にこやかな笑みを浮かべて3人を出迎えた。

「出迎えご苦労ヤーコッピ。俺たちの控え室まで案内してくれ」

「承りました。さあ、こちらへどうぞ」

 ヤーコッピと呼ばれた男が先導し、招待客たちで溢れる中を流れるように案内していく。

 キュッリッキは「この人は誰なんだろう?」という問いたげな視線をベルトルドに向ける。

「この男は、能無しボケジジイよりもグローイ宮殿を知り尽くしている使用人だ」

 と答えてくれた。能無しボケジジイとは、皇王のことである。

「閣下は相変わらず容赦がありませぬな」

 少しも気を悪くした様子もなく、ヤーコッピはニコニコと笑顔で頷いた。

「この方は、皇王様の身辺のお世話を取り仕切っている方なのですよ」

 アルカネットがきちんと説明すると、耳に心地よいバリトン声が愉快そうに笑い声を上げた。

 ヤーコッピに案内された控え室は、喧騒から遠のいた静かな場所に用意されていた。そして控え室にはすでに、3人の客が待っていた。

「こんばんは、閣下」

 席を立って敬礼して出迎えたのは、ブルーベル将軍、フォヴィネン大将、エクルース大将だった。

「あ! シロクマのおじいちゃん」

 パッと顔を輝かせたキュッリッキは、ベルトルドの手から離れて、ブルーベル将軍に飛びつくように抱きついた。

「おやおや、こんばんはお嬢さん。今日は一段と綺麗ですねえ」

「えへへ」

 将軍の横腹までしか腕が回せないキュッリッキが、嬉しそうな笑顔で見上げてくる。その輝く笑顔を見て、ブルーベル将軍はにっこりと微笑み返した。

(おのれぇ……なんて羨ましい……)

(クマ人間だからって卑怯な…)

 嫉妬の痛い視線を感じてブルーベル将軍が顔を上げると、ベルトルドとアルカネットが怖い顔で将軍を睨みつけていた。フォヴィネン大将とエクルース大将は、怖れるあまり視線を明後日の方向へ泳がせている。しかしブルーベル将軍はにっこり2人に微笑み、そして「あっ」と小さく声を上げた。

「そうそう、閣下に大事なご伝言をお伝えしなければ」

「ぬ、伝言?」

「ええ。――明日ハーメンリンナに戻るから、ケツ磨いて待ってなさいよ。だそうです、リュリュ殿から」

 途端、ベルトルドの顔が青ざめていった。

「たいそうご立腹で。とばっちりを受けたサロモン子爵なんて、体重が5キロも落ちてましたよ、たった1日で」

 ニコニコと言うブルーベル将軍の顔を、ベルトルドは泣きそうな顔で見つめた。

「あと30分ほどで陛下がお見えになります。お迎えに上がるまで、こちらでごゆっくりおくつろぎ下さい」

 ヤーコッピがシャンパングラスを置いて下がった。

勇気と決断編:episode489 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply