片翼の召喚士-ReWork-:コッコラ王国の悲劇・34

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 番外編:コッコラ王国の悲劇・34

 魔法スキル〈才能〉を持つ者たちは、魔力という特殊なエネルギーを内に秘めている。そしてその魔力をもとに、”魔法”と言う特殊な形に作り出し使うことができた。

 魔法を使うときは、必ず呪文を唱える。唱えることで、魔力から使いたい魔法の属性を引き出し、形に作り上げることができるからだ。そしてそれを放つ時は、その魔法の名前を言葉に出す必要がある。

 しかしアルカネットは呪文を必要とはしない、より特殊な魔法使いだ。

「あの人は無詠唱で魔法が使える、唯一の魔法使いですからねえ……」

 ややうんざり気味に、カーティスがぼやく。

「オマケに魔力媒体ナシで、魔法を瞬時に作り出して放てますもんね」

 シビルも溜め息混じりにぼやいた。

 魔法使いたちは自身の魔力を一点に集中させるために、媒体となる魔具を使う。ハーマンは本、シビルは木の杖、カーティスは銀の杖など。これら魔具と呼ばれる媒体に魔力を集中させて、魔法の威力を安定させる。しかしアルカネットは魔具も使わない。瞬時に魔力を魔法の形に作り上げて放ってしまう。

「き~~~! これならどうさっ!!」

 ハーマンはその場に踏ん張ると、本を開いてアルカネットを睨みつける。

「天もみたことがない稲妻と

 地も聴いたことのない雷鳴を

 遍く全ての想像を絶したる大音響を作り出さん!

 イラアルータ・トニトルス!!」

 突如晴れ渡った空から6本の雷の柱が振り落ち、それはうねりながらベルトルドとアルカネットに襲いかかった。

「いつの間に習得したんですか、ハーマン?」

 カーティスが感心して言うと、

「今初めて使ってみたよ!!」

 眉間を寄せながら、ハーマンは力んで叫ぶ。

 イラアルータ・トニトルスは雷属性の最上級魔法で、魔法使いのイメージで形状は様々に変化させられる。高質量の雷エネルギーの塊で、喰らえば消し炭になるだろう。

 轟音を鳴り響かせる雷の柱はしかし、

「トイコス・トゥルバ」

 アルカネットが魔法の名を呟くと、2人の前に巨大な土壁がそそり立ち、襲いかかってきた雷の柱を吸収してしまった。

「う……」

 ハーマンは耳をしょんぼりさせると、悔しそうにその場で地団駄を踏んだ。

「その程度の雷撃では、トイコス・トゥルバすら吹き飛ばせません。もっとコントロールを学びなさい、ハーマン」

 どこか教師の様な口調でアルカネットが言うと、ハーマンはますますジタバタと暴れた。

「どうしたお前たち、もう終わりなのか?」

 両手を腰に当てて偉そうにベルトルドがツッコむ。

「そんなわけ、ねーでしょーがっ」

 ギャリーが叫びながら、魔剣シラーを振り上げ飛び上がった。そしてタルコットとメルヴィンもすぐにあとに続く。

 ほぼ同時に振り下ろされる3つの刃は、ベルトルドに触れることなく3歩手前で弾けてしまい、3人は後方へ吹き飛ばされた。無様に転がらずにどうにか踏ん張り着地すると、3人は同じように突っ込んでいった。だがまたしても攻撃は弾かれてしまう。

「魔剣のパワーを弾くのかよ」

 イライラとギャリーが呟くと、タルコットも忌々しげに唇を噛んだ。

「サイ《超能力》によるバリアですね……」

 目には見えないが、ベルトルドの周囲にはサイ《超能力》の念力で作った防御が、しっかりと張られているようだ。

「サイ《超能力》にはサイ《超能力》でぇ~」

「いきますかっ」

 マリオンとルーファスは同時に念力をベルトルドの防御にぶつける。

「ほう」

 意外そうにベルトルドは呟くと、口の端を僅かにつりあげた。

 サイ《超能力》を持つ者には、透明な壁同士が競り合っている様子が見えているが、常人には力の拮抗戦が見えない。力が衝突している地面のみが摩擦され抉られていた。

「おっさんの精神タフすぎっしょ……」

「えーん、打ち破れなぁ~~~い」

 サイ《超能力》は精神力をエネルギーとして使う。マリオンもルーファスもサイ《超能力》所持者の中では最高ランクに属する。その2人がぶつける念力を、ベルトルドは涼しい顔で一人で押しとどめていた。

番外編:コッコラ王国の悲劇・34 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply