スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:コッコラ王国の悲劇・38

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 番外編:コッコラ王国の悲劇・38

 サイ《超能力》使いたちのもたらす急報に、王宮内は騒然となった。

「王太子殿下が亡くなられただと!?」

 コッコラ王国宰相ベルケルは、伝令の兵士をまじまじと見つめた。

 伝令兵はうなだれながら、時折涙声になりながら王太子の最期を正確に伝える。そして伝え終えると、その場に突っ伏して号泣しだしてしまった。

「ベルトルドという男………なんと悪魔の如き所業かっ!!」

 宰相ベルケルはシワの深い顔を怒りに歪ませ、手にしていた杖を床に叩きつけた。

 しかし宰相とは対照的に、ゆったりと玉座に身をゆだねているメティン国王は、どこか遠い目で天井を見上げていた。

「余を想い、国を想い、妹を想いやれる、良き息子であった」

 過去形で語ることが、こんなにも辛いと思ったのは初めてだ。そう、メティン国王は呟き、一筋の涙を流した。

 そして別の伝令兵はジーネット王女の住まう後宮へ、王太子の訃報を報せていた。

 侍女から報告を受けた乳母は、一瞬目の前が暗転したが、王女のことを想ってどうにか踏ん張った。

 侍女の一人から受け取った水を一気に飲み干すと、乳母は心を平静に保つよう必死に心がけながら、王女の部屋を訪った。

「姫様……」

 気分がすぐれないと寝台に横たわっていた王女は、どこか硬い響きを含む乳母の呼び声に顔を上げる。

「どうしたのです?」

 王女の返事に、乳母は目を強く閉じながら、必死に嗚咽を堪える。

「先ほど戦場から、報せが届きましてございます」

 柔らかな紗のカーテンの向こうで、王女が身を起こした。

「…………王太子殿下が……、お亡くなりにっ」

 一瞬きょとんとした王女は、しかしみるみる顔を強ばらせると、寝台に突っ伏して激しく声をあげて泣き喚き始めた。

「ジーネット様!!」

 大切にお育て申し上げてきた王女を、このように泣かせることになるとは夢にも思わず。まして王女にとって大切な兄の死を、何故このわたくしに告げさせるのか――!!

 乳母は悔しさと怒りの矛先を、今はもうこの世にいない王太子に向けた。

 アイバク・イゼット・メティン王太子の訃報は、瞬く間に首都エルマスを中心に国内に広がっていった。

 王太子は国民から絶大な支持を受ける人物だった。それだけに訃報を聴いた国民は悲嘆に暮れて泣き出し、後追い自殺するものまで続出した。

 王太子の訃報に嘆く国民は、その死を悼み悲しんでなどいられない。すでにそこまでハワドウレ皇国軍が迫ってきているからだ。

番外編:コッコラ王国の悲劇・38 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。