片翼の召喚士-ReWork-:コッコラ王国の悲劇・41

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 番外編:コッコラ王国の悲劇・41

(ベルトルド様を独占するかのように立ち振る舞う貴婦人は、確か、ハッキネン子爵夫人ではなかったかしら?)

 自らが当主で子爵夫人と呼ばれているわけではない。ハッキネン子爵の妻だからそう呼ばれている女性なのに、ベルトルドと浮気を堂々と白状している。

 厚かましいを通り越し、物凄い度胸だとジーネット王女は一瞬クラクラと頭がグラリと傾いだ気がして、倒れそうになったが、どうにか踏ん張り堪えた。

 女房風を吹かせて凛気を放つハッキネン子爵夫人は、他の貴婦人たちにもみくちゃにされている。

 困惑した顔のベルトルドは手招きすると、会場の外に控えていた男が颯爽と傍らに歩み寄った。

(あの方は確か、ベルトルド様のお屋敷で執事をなさっているという…)

 ジーネット王女は記憶をたどる。

(従者としても、同行なさっているのね)

 ベルトルドはその男に何事かを耳打ちすると、身を翻して素早くテラスの方へと行き、中庭のほうへ歩き去ってしまった。

 残された貴婦人たちはそのことに気づいたが、その場に残った男が貴婦人たちを押しとどめ、必死にとりなしている。

 ベルトルドの動向を目で追いかけていたジーネット王女は、一瞬心臓がドクンッと跳ねた。これは、もしかしたらベルトルドと、2人きりになれるチャンスではないか。

(ベルトルド様のおそばに、行かなくては…)

 ジーネット王女はいつも以上に気合を入れると、自分を取り囲む紳士たちを言葉巧みに言いくるめ、ついに包囲網を突破することに成功した。

(良かった、抜けられたわ。ベルトルド様は、ドコにいらっしゃるかしら)

 中庭に出てくると、目の前には大きな噴水がある。

 噴水のふちに腰掛け、腕を組んで目を閉じているベルトルドがいた。

 晴れ渡った空に浮かぶ満月の明かりはとても明るく、ベルトルドを優しい光で柔らかく照らし出していた。

(まあ…、なんて綺麗なのかしら……)

 王女はうっとりと、その姿に見とれてしまった。

 ベルトルドの目を閉じたその顔には、僅かに疲労のようなものが見て取れる。

 毎日物凄い量の仕事をこなしていると聞いている。更にこの上、貴婦人たちにもみくちゃにされて、さぞ疲れているだろう。

(きっと、ハッキネン子爵夫人が無闇に疲れさせたのだわ)

 そう思うと、ジーネット王女は怒りがこみ上げてきた。そして、そば近くでそっとお慰めして差し上げたい、と強く思った。

 得意な竪琴を奏で、少しでも御心を安らかにしてあげられたら。しかし今、竪琴はない。ならば歌などどうだろう?

 そんな風に思案を巡らせていると、いつの間にかジーネット王女は物陰から出て、ベルトルドのそばへ近づいていた。

 そのことに気づいてジーネット王女はハッとしたが、ベルトルドとの距離は縮まっていて、3歩足を踏み出せば、ベルトルドの間近に。

(このまま、告白してしまえれば――)

番外編:コッコラ王国の悲劇・41 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply