スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode527

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode527

 ブローリン街の雑貨屋で食用油の大瓶を2つ買って店の外に出ると、店の前で待っているはずのキュッリッキがいない。メルヴィンは辺りを見回して、斜め向かいの店の前にキュッリッキを見つけた。

 ショーウィンドウに張り付くようにして、何かに見入っている。その足元には、仔犬姿のフェンリルとフローズヴィトニルが、退屈そうに座っていた。

「どうしたんですか、リッキー」

「うん……」

 上の空のような返事をするキュッリッキに、メルヴィンは不思議そうに首をかしげ、ショーウインドウの中を見る。

 真っ白なシルクのドレスに白いレースをふんだんにあしらった、煌くようなウェディングドレスが飾られていた。

 キュッリッキは夢見るような、憧れを込めた眼差しで見入っている。

 それに気づいて、メルヴィンはちょっと照れくさそうに微笑み、そしてウェディングドレスに目を向けた。

 いつの日か、ウェディングドレスを纏ったキュッリッキを、この腕に抱く時がくるのだろうか。つい先日恋人同士になったばかりだが、ドレスを見ていると思ってしまう。

 ちらりとキュッリッキを見て、目の前のドレスを纏った彼女を想像してみる。

 金色の髪を結い上げて、半透明な白いヴェールをかぶり、雪のように白いこのドレスを身にまとった彼女は、誰よりも美しく、天使のように無垢な姿だろう。

「ねえ、メルヴィン」

 突然声をかけられ現実に戻ると、メルヴィンはちょっと慌てながら、見上げてくるキュッリッキに笑いかけた。

「ど、どうしました!?」

「いつか、アタシもこんな綺麗なウェディングドレス、着たいなぁ……」

 そして、恥ずかしそうに頬を染める。

 それはつまり。

(ウェディングドレスを着たいとおねだりしてくるってことは、遠巻きに、プ、プロポーズを受けているってことじゃ……?)

 メルヴィンは焦った。何故なら、プロポーズは男からするものだと昔から思っているからである。しかしこの解釈は、やや角度がズレていた。

 キュッリッキは単に、乙女の憧れを口にしただけで、なにもメルヴィンにおねだり攻撃兼プロポーズを仄めかしているわけではない。

 大きく勘違いしたメルヴィンは、買ったばかりの食用油の大瓶をいれた紙袋を落としそうになって、慌てて抱えなおす。

「ま、まずは、婚約指輪からですよ!?」

 思わず声が裏返りながら言うと、メルヴィンも顔を赤くしながらキュッリッキの手を掴み、逃げるようにエルダー街のほうへ早歩きし始めた。いきなりのことに、キュッリッキは「あれ?」と首をかしげる。

「?? メルヴィンどうしたの!?」

「早くこの油をキリ夫人に届けないと、もうすぐお昼ですしね!」

「にゅ? でも、今日のランチは外で食べようって、言ってなかったっけ?」

「い、急ぎますよ!」

「あぁん」

(『外に出たついで』に『ストック用』の食用油を買ってきて、ってキリ夫人に言われてた気がするんだけど??)

 そうキュッリッキは数十分前の記憶をたどったが、メルヴィンにグイグイ引っ張られて、抵抗のしようがなかった。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode527 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。