片翼の召喚士-ReWork-:episode528

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode528

 早すぎるデートから帰ってきた2人を、ガエルは玄関で不思議そうに出迎えた。

「昼は外で食べてくるって、言っていなかったか?」

「そ、そうでしたっけ」

「そうだったもん!」

 案の定キュッリッキはむくれている。メルヴィンはどこか誤魔化すような笑顔を浮かべていた。

「まあ、ちょうどいい。カーティスが呼んでいたぞ」

「仕事ですか?」

「みたいだ」

「油を届けてから、すぐ行きます」

「キューリは俺に付き合ってくれ。蜂蜜買いに行く」

「………グンネルさんとこの、ウルトラスペシャルバケツパフェおごってくれるならイイヨ」

「好きなだけ食わせてやる」

「じゃ行く!」

 キュッリッキはむくれ顔のままガエルの手をギュッと掴むと、引っ張るようにして外に出て行った。

 最近蜂蜜屋の売り子が若い女性になり、なんとなく気恥ずかしいガエルは、いつもキュッリッキに同伴を頼む。キュッリッキが一緒なら、蜂蜜が大好きなのはキュッリッキで、自分は荷物持ちだからと言い訳したいのだ。それなら多少気恥ずかしさも和らぐためだった。

 もっとも、買っていく量が業務用レベルなので、効果はあまり期待できないし、蜂蜜屋ではガエルが食べるぶんだということは先刻承知の上だ。バレバレなことにガエルは気づいていなかったが。

 内心「ごめんね」とキュッリッキに詫びながら2人を見送り、メルヴィンは台所へ向かった。

 大きく勘違いしたまま、

(プロポーズは自分からきちんとしたいから)

 そう、心の中で呟いた。

 談話室へ行くと、カーティスをはじめとした面々が顔を揃えていた。

「あれ、ランチ食べてくるんじゃなかったのか?」

 ザカリーにまで不思議そうに言われて、メルヴィンは困ったように頭を掻いた。

「いえ、その、予定変更しました……」

 歯切れの悪い言い方に、みんなに「ん?」という顔をされて、メルヴィンはますます困ったように俯いた。

 キュッリッキの遠まわしのプロポーズめいた言葉に焦って――思いっきりカンチガイ――逃げ帰ってきたとは到底言えなかった。

「まあ、タイミングが良かったというか、なんというかですが、仕事です」

 いまいちよく判らないけど、といった表情でカーティスが本題に切り替えた。

「トゥルーク王国にある、アン=マリー女学院というところから、ギルド経由で依頼がきています」

「女の園!!」

 興奮したようにルーファスが反応する。

「ええ、未成年者いっぱいの女の園です。その未成年だらけの女の園の院長が依頼主ですが、在校生であるトゥルーク王国の未成年の王女の護衛を頼みたいそうです」

 くどいくらいに”未成年”を強調され、ルーファスは渋い顔をした。

「ふーむ、王女サマの護衛任務かぁ~……護衛ねぇ」

 つまらなさそうにマリオンが呟く。それにギャリーも同意するように呻いた。

「オレぁーパスだな、護衛は性に合わねえ」

「なんで、学校の先生が王女の護衛依頼なんかするんだい?」

 珍しくランドンにツッコまれ、カーティスも首をひねる。

「諸々の細かい理由などは、現地で話したいということなんですよ」

「なんだそりゃ…」

 ザカリーの呟きに、談話室のあちこちから頷きが返ってくる。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode528 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply