スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode530

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode530

「どーしてアタシは一緒に行っちゃいけないのよ!!」

 予想通りの反応に、皆沈黙で答えた。

 ガエルと共に戻ってきたキュッリッキに、護衛仕事の件を話すと、速攻噴火した。

 ベルトルドと皇王から内々に釘を刺されていることは伏せている。知られればハーメンリンナに怒鳴り込みに行きかねない剣幕だ。

「アタシもその王女とやらの護衛任務行くのっ!!」

 持っていたクッションで、足元に座っているギャリーの頭をバフバフ叩きながら、キュッリッキは大癇癪を炸裂させる。小さな火山からマグマが噴き出さないよう、ギャリーはおとなしく叩かれていた。

「だいたい、アタシが召喚したものに乗せてったら、一日もかからず仕事終わるじゃない! 乗っけてる間アタシの護衛はメルヴィンがすればすむことでしょ」

 両手を腰に当ててカーティスをジロリと睨む。そんなことも判らないの!?と、不思議な光彩に彩られた黄緑色の瞳が物語っている。

「いえ……この仕事、ただの護衛で終わらないような感じなんですよ。危険な臭いがものすご~くするというかなんというか」

「そんなの仕事に危険とイレギュラーはつきものじゃない」

「それはそうですが。でもキューリさんは召喚士です。召喚士を守りながら護衛任務は無駄に人数を増やすだけですしぃ…」

「アタシのお守りはフェンリルとフローズヴィトニルがいるもん!」

「不測の事態もありますし」

「そしたらメルヴィンに守ってもらうもん!」

「護衛に行ってる傭兵を護衛してたら、護衛任務が矛盾だろ……」

「ギャリーはうっさい!」

「すンません」

「とにかくアタシも行くったら行くの!!」

「リッキー、聞き分けて留守番しててほしいな」

 これ以上噴火させないように優しく言うが、キュッリッキはふいに悲しそうな表情(かお)でメルヴィンを見上げる。

「なんで? メルヴィンはアタシと一緒にいたくないの?」

 ――そうくるか。

 皆一斉に引きつる。

「いえ、一日でもリッキーと離れてるのは嫌です。でも、これは仕事だから」

 キュッリッキはふくれっ面でメルヴィンを睨みつけて、ぷいっと横を向いた。

 こんなところは、どうしようもなくまだ子供だ。そんな拗ねるキュッリッキに、メルヴィンは苦笑する。

 メルヴィン自身も離れ離れになっているのは嫌だった。しかし、依頼内容が護衛任務のため、危険な場面に遭えば、最優先で守るのは依頼の護衛主だ。それを考えると、今回内容がはっきりしないため、ますますキュッリッキを連れて行くわけにはいかない。

 メルヴィンがこの仕事へ行かないということもできるが、そんなことではこの先仕事にならなくなる。

 どうキュッリッキを説得するか、各々思案していると。

「夫の帰りをじっと耐えて待つのも、妻のだいじな役目なんですよ」

 そこへ飲み物と軽食を運んできたキリ夫人が、にっこりとキュッリッキに笑いかけた。

「キューリちゃんは、いずれメルヴィンさんのお嫁さんになるんでしょう? だったら、今のうちに慣れておかないとね」

「お、お嫁さん………!」

「そうそう。これも立派な花嫁修業よ」

 途端、キュッリッキは真っ赤になって、照れなが手にしていたクッションで遠慮がちにギャリーの頭をぽふっぽふっと叩く。急にソフトタッチになって、ギャリーは疲れたように薄く笑った。

「花嫁修業……、すっごくいい響き……きゃあっ」

 キュッリッキはクッションを放り出して顔を両手で覆うと、嬉しそうに身体をくねらせた。

 ――う、ウマイ!!

 にこにこ微笑むキリ夫人を、皆尊敬の眼差しで見つめた。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode530 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。