スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode531

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode531

 夕食が済んでから就寝までの時間、メルヴィンとキュッリッキはどちらかの部屋で、2人きりで時間を過ごす。今日はキュッリッキの部屋になった。

 ベッドに並んで座り、他愛ないおしゃべりをする。

 万難を排して無事恋人同士となって早2週間。アジトだから当然仲間たちがいるので、ゆっくり2人だけの時間を持ちたいと考えたメルヴィンの提案で、こうして自室でその時間を作っていた。

「メルヴィンと離れ離れになっちゃうの、やっぱりヤダな……」

 キリ夫人のナイスアイディアで、なんとかキュッリッキの噴火は収まり話はまとまったが、キュッリッキとしては片時もそばを離れたくないのだ。結ばれてまだ2週間しか経っていないのもある。

「オレもです。でもね、この先こんなことはしょっちゅう続くわけで、割り切らなきゃ」

「そんなこと、判ってるもん…」

 嘘でもいいから、やっぱり仕事行くの止めようかな、と言って欲しいのだ。もちろんメルヴィンは、そんなキュッリッキの気持ちはお見通しだ。それでもやはり、それは言ってはいけないと判っている。

 メルヴィンは拗ねているキュッリッキの細い肩を抱き寄せ、両手でしっかりと抱きしめた。

「今日は一緒に寝よう」

 囁くように言われて、キュッリッキの顔がパッと明るくなった。

「うん!」

「数日会えないから、出発するまでリッキーと一緒に居たい」

「アタシも」

 耳まで真っ赤にしながらも、喜びに顔を生き生きと輝かせてメルヴィンに微笑んだ。そんな愛しい少女に微笑み返しながらも、メルヴィンは心の中でちょっと苦笑した。

 一緒に寝よう、と言われて警戒されないのも、抵抗されないのも悲しいものがある。キュッリッキはまだ、男を知らないからだ。

 この少女がどんなに色香に欠ける身体をしているとはいっても、抱きたいという願望はある。

 キュッリッキの体臭は花の香りのような、優しく甘い匂いがする。香水は使っていないようなので、これがキュッリッキの放つ香りなのだ。この香りは常にメルヴィンの心をざわつかせ、幾度となく理性との戦いを強いられていた。

 自分から求めてくるようになるまで、我慢すると決心しているが、果たしていつまで耐えられるか自信がない。

 そんなメルヴィンの男心も知らず、キュッリッキはキスをねだってくる。まだ自分からしてくることはないが、愛らしい唇をツンと差し出し、目を閉じてメルヴィンからしてくるのを待っている。

「あなたを食べちゃいそうです」

「え?」

 求められるまま濃厚な口づけをかわし、倒れこむように狭いベッドにキュッリッキと横たわる。そしてキュッリッキに覆いかぶさるようにして、その美しい顔を見おろした。

 キス以上の何かを期待するような色は、その不思議な瞳には浮かんでいなかった。警戒したり不安そうにしたりというような色もまるでない。じっとメルヴィンを見つめながら、顔を紅潮させているだけだった。

 性欲がまるでないのか、それとも自分を信じきっているのだろうか。キスはするのだから、まるきり性欲がないとは言えないだろう。純粋だから、という言葉で完結するのも何故か虚しかった。

「まだまだ、先は長そうです」

「何が?」

「いえ、何でもありません。もう寝ましょうか、明日は早いですから」

「うん~」

 首をかしげるキュッリッキに優しく微笑みかけて、メルヴィンはサイドテーブルのランプを消した。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode531 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。