片翼の召喚士-ReWork-:episode534

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode534

 生徒たちは授業のため教室にいるのか、校内は静けさに満ちていた。壁が厚いのか、殆ど物音一つ聞こえてこない。時折風に揺らされる木々の葉音がするくらいだ。

「どんなレディたちがいるのか、楽しみにしてきたのになあ~」

 心底ガッカリしたようにルーファスが言うと、シビルが顔をしかめる。

「そういうことを、口に出して言わないでくださいよ」

「だーってさあ、まだ今日の授業終了じゃないだろうし。休み時間にかち合えば良かったナ」

「全くもう……」

 2人の会話に、クラーラがくすくすと笑う。

「お好みはともかく、良い子たちですよ、当学院の生徒たちは。全寮制なので、ちょっと箱入り気味ですから、あなた方のような傭兵には馴染みがないので、会えば途端に群がられましてよ」

「いいね、いいね。群がられたいっ!」

 ルーファスが目を輝かせながら言うと、

「未成年者の群れだがな……」

 ぼそっとタルコットがツッコんだ。

「うっ……」

 幻想が打ち砕かれて、悲壮感を漂わせながらルーファスはしょげた。そのルーファスの脚を、慰めるようにシビルがポスポス叩く。

「面白い方たちですこと」

「はは……」

 笑いながらクラーラが言うと、メルヴィンは苦笑しながら、こっそりため息をついた。”女の園”と言い出さなかっただけマシかな、と思いつつ。

 やがて黒檀の扉の前で立ち止まり、クラーラは軽くノックをした。

「院長様、件(くだん)の傭兵の皆様をお連れいたしました」

「入っていただいてください」

「はい。失礼致します」

 クラーラは扉を開けると、身体を扉に寄せて、メルヴィンたちに道を譲った。

「失礼します」

 メルヴィンを先頭に皆中へ入ると、クラーラが扉を閉める。

「ようこそ皆様、遠くからお疲れになったでしょう」

「お気遣いありがとうございます。これも仕事なので大丈夫です」

 メルヴィンの返事に頷き、院長は椅子から立ち上がった。

「当アン=マリー女学院の院長をしております、シェシュティンと申します。早速ですが、ご依頼のことをお話してもよろしいでしょうか?」

 赤みを帯びた茶色いドレスに身を包み、白いものの混じった髪はショートボブにしている。姿勢もよく、小柄で上品な老婦人だ。

「はい、お願いします」

「そちらにお掛けください」

 シェシュティン院長は応接ソファを皆にすすめ、自らは窓のそばに立った。

 温かな湯気をくゆらせた紅茶を、クラーラが運んできてテーブルに並べた。

「クラーラ先生、彼女をここへ」

「はい」

 一礼してクラーラが退室する。そして、ほどなくして一人の少女を伴って戻ってきた。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode534 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply