片翼の召喚士-ReWork-:episode544

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode544

 メルヴィンたちが仕事で出てから数日後、小さい仕事が舞い込んできて、マリオン、ガエル、ランドンの3人がアジトを出ていた。

「なんか、少なくなって寂しいかもー」

 談話室のソファにころりと横になりながら、キュッリッキは唇を尖らせた。いつもなら賑わっている談話室の中が、閑散としていた。

「仕事があるのは、いいことですよ」

 本から顔を上げずにカーティスは言う。

「つまんなーーい!」

 更にキュッリッキが不満を垂れたところへ、ブルニタルとペルラが談話室に顔を出した。

「おや、おかえりなさい」

「例の黒幕が判明しました」

 眼鏡をクイッと手で押し上げながら、ブルニタルがメモ帳を開いた。記憶スキル〈才能〉を持つが、何故かメモ帳に書き留める癖がある。

 トゥルーク王国の王女護衛の依頼を受けたあと、ブルニタルとペルラはカーティスの命令で、黒幕の調査を行っていた。ライオン傭兵団では依頼内容に不可解な部分があると、依頼を引き受ける一方、そうした調査も行うようにしている。2人は傭兵団における調査のスペシャリストだ。

 調査報告をするブルニタルの横で、ペルラが補足を入れる。

「それは本当ですか!?」

 驚きを隠せない面持ちで、カーティスは2人を凝視した。

「間違いありません。裏付けをとるのに苦労しましたけど」

 猫のトゥーリ族であるブルニタルとペルラは、揃って尻尾をそよがせた。

「それって、タイヘンじゃない!!」

 ソファに寝転がって黙って聞いていたキュッリッキが、勢いよくソファの上で跳ね起きた。

「こら、ソファの上で跳ねるな」

 そばにいたギャリーが、ゆるく嗜める。

「こーしちゃいられないんだから!」

 聞いちゃいないキュッリッキは、握り拳を作って気合を入れると、談話室を飛び出していった。

「おい!?」

 弾丸のごとき勢いで飛び出していったキュッリッキを、室内にいた皆は呆気に取られて見送っていた。

「どこ飛び出していったんだお嬢は?」

 ギャリーは床に転がったペンギンのぬいぐるみを拾い上げる。

「まさか、メルヴィンたちのところへ?」

 目を細めながらザカリーが言うと、カーティスが首をひねる。

「もしエグザイル・システムに向かったら、陰の護衛たちが引き留めるでしょう」

 キュッリッキ自身は気づいていないし知らないが、皇王とベルトルド双方から差し向けられた護衛が、陰ながらキュッリッキを24時間護り続けている。そして、皇都イララクスから一人で出ようものなら、問答無用で引き留める命令も、護衛たちは受けている。そのことをカーティスは知っていた。

 ベルトルドだけではなく、正式に皇国が後ろ盾についた今、キュッリッキの自由は制限されている。召喚スキル〈才能〉を持つ故だ。

「しゃーねーなぁ全く」

 よっこらせっと立ち上がると、ギャリーはザカリーに顎をしゃくった。

「お嬢を探しに行くぞ」

「へいよ」

アン=マリー女学院からの依頼編:episode544 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply