片翼の召喚士-ReWork-:episode554

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 アン=マリー女学院からの依頼編:episode554

 シビルが割って入ると、すぐさまルーファスはエルダー街のアジトにいるカーティスに念話を送った。

(ええ、2人の調査が完了して、黒幕が判ったんです)

 待つことなく返答が返ってきて、ルーファスは頷いた。

(その様子だと、キューリさんが一緒にいるんでしょうか? もしかして、ベルトルド卿も)

(うん。ブロムストランド共和国の首都を吹っ飛ばして、シェシュティン院長を縛り上げて、オレらのいるヴェルゼットまでヤッテキタヨ)

(………吹っ飛ばしたんですか)

(みたい……。オマケにブロムストランドの首相の生死も定かではないくらい、徹底的にやってきたみたいヨ)

(いつものこととはいえ……我々は知らぬ存ぜぬの姿勢でいきますよ)

(んだね)

 カーティスとの通信を打ち切り、サッと説明する。

「相変わらず調査に関しては、優秀な奴らだな」

 ベルトルドが率直に褒めると、シビルが薄く笑う。

「王女をさっさと送り届けて、仕事を終わらせろ。報酬交渉はタルコットにでもやらせておけば、確実に倍額ぼったくれるだろう」

「お任せあれ」

 戦闘がろくに行えなかったストレスを満面に浮かべ、タルコットは頷いた。

「先程から気になっていたのですが、あの方はもしかして……」

 メルヴィンの胸に顔を伏せていたイリニア王女が、後ろを振り返りながら呟く。

「ええ、ハワドウレ皇国の副宰相兼軍総帥の、ベルトルド様です」

「まあ、やはりそうでしたか」

 先月の世界中継の際に見た人物であると判り、イリニア王女は身をすくめた。宣戦布告の中継の時には思わなかったが、ソレル国王を処刑した時のベルトルドがあまりにも恐ろしくて、気を失ってしまったのだ。

 今はああして、泣きじゃくる少女を優しく慰めている姿だが、イリニア王女はどうにも馴染めそうもなかった。

 キュッリッキを優しく見つめていたベルトルドは、イリニア王女の視線を感じて顔を上げた。そして「おや?」とあることに気づく。

「あ! 汽車の時間だよ~。オレらそろそろ乗らないと」

「コレどうするんです?」

 コレ、とシビルが縛られているシェシュティン院長を指差す。

「連行するしかナイけど、切符買ってないよー。あの汽車全席指定だから、貨物に乗せておいてもらう?」

「一応、人間ですし……」

「俺が首都まで連れて行ってやろう。汽車で移動となると、時間がかかりすぎる」

「あざーっす!」と、ライオン傭兵団の皆は素直に歓喜を上げる。

 ベルトルドは怖いが、空間転移で連れて行ってもらえるのはラクチンだからだ。

「切符代損したなあ…、払い戻しできないっぽいし」

 エグザイル・システムと違って、汽車は利用にお金がかかる。更に、国によって値段も違い、ワイ・メア大陸鉄道に比べると、少し高めだった。利用客数に違いがあるからである。

「切符代も割増で払ってもらえばいい! いくぞバカども」

 まだ泣いているキュッリッキをしっかり抱きしめ、シェシュティン院長を足で踏みつけ、ライオン傭兵団とイリニア王女を連れ、ベルトルドは空間転移した。

アン=マリー女学院からの依頼編:episode554 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply