片翼の召喚士-ReWork-:episode562

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode562

「美人コンテスト?」

「うんむ!」

 カーペットの上にペタリと座って、キュッリッキは床に広げたポスターを見つめる。

 重要な話がある、とベルトルドから念話で呼び出されたキュッリッキは、宰相府のベルトルドの執務室にいた。

「ライオン傭兵団の代表として、リッキーがコンテストに出るんだ。優勝するのは当然確定だがな!」

「リッキーさんの美貌を凌ぐ者など皆無です。絶対優勝間違いなしですからね」

 ドヤ顔のベルトルドと、優しい微笑みを浮かべるアルカネットに断言され、キュッリッキは小さく首をかしげた。

 普段から他人と容姿を比べることもしないので、美人コンテストと言われても、キュッリッキはイマイチぴんとこない。

 メルヴィンが気に入っていればそれで良く、他人がどう思おうがキュッリッキには関係ないのだ。

「うーん、優勝すると、なんかイイことでもあるの?」

「モチロンあるとも!」

 ガバッとチェアから立ち上がり、ベルトルドは握り拳を高らかに掲げた。

「惑星ヒイシ随一の温泉保養地、ケウルーレの超最高級温泉宿ユリハルシラを、2泊3日貸切れる招待券が手に入る!!」

 どの国にも属さない自由都市のひとつ、コケマキ・カウプンキにケウルーレはある。最高の泉質だという温泉が有名で、温泉保養地の中ではトップワンだ。

「自由都市にあるため、皇国の権威も圧力も効きませんから、中々予約がとれないのですよ」

「予定は合わない、予約がとれない、暇がないの三本立てで、俺たちでも未だに泊まったことがないからなあ。よくも傭兵ギルドごときが招待券を手に入れたもんだ」

「傭兵世界の伝手も侮れませんね」

「でも、温泉だったら、別にドコでもいいんじゃない?」

「ダメだ!」

「ダメです!」

「うっ…」

 2人のキッパリした迫力に、キュッリッキは仰け反った。

(そんなにケウルーレに行きたいなら、コンテスト関係なく行けばいいのに…)

 胸中でボヤいて、キュッリッキはコッソリため息をついた。

「そういえば、これは毎年行われているようですが、リッキーさんは美人コンテストに出たことがないのですか?」

「うん。このコンテストがある時って、仕事サボりたい傭兵が多いから、良い仕事回してもらえるの。稼ぎ時ってやつだよね」

 朗らかに笑顔を浮かべるキュッリッキに、ベルトルドとアルカネットは同情を満面に浮かべた。

「リッキー…」

 ベルトルドは飛びつくようにキュッリッキを抱きしめると、優しく頬ずりした。

「娯楽も満足に興じれなかったのだな。可哀想に可哀想に」

 その様子にムッとしながらも、アルカネットは大きなハンガーラックを押してきた。

 カバーが取り払われると、目にも色鮮やかなドレスがズラリとかけられている。

「さあリッキーさん、お衣装を選びましょうか」

「ほえ?」

美人コンテスト編:episode562 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply