片翼の召喚士-ReWork-:episode566

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode566

「そろそろマーゴットのテントに行ってあげなよ。ベルトルド様達来るまで、オレがキューリちゃんと一緒にいるから」

「そうですね、判りました。では、お願いします」

「ほほい」

 テントを出て行くカーティスを見送り、キュッリッキは小さく首をかしげる。

「ベルトルドさんたち、いつ来るんだろう?」

「キューリちゃんの出番は一番最後だから、正午過ぎになるって言ってたよ。それまでは、さすがに仕事抜けてこられないみたいで」

「そうなんだあ~。メルヴィンたちはもう来てるのかなあ?」

「うん。一番良い席を取ったってザカリー言ってたから、みんな座って時間を待ってるって」

「そうなんだね。――早く、メルヴィンに見せたいなあ」

 ドレスを両手でつまみ、そっと横に広げて見せる。

(似合ってるかなあ、メルヴィン褒めてくれるかなあ~)

 メルヴィンをびっくりさせてあげようと、ルーファスとマリオンに言われて、衣装に身を包んだキュッリッキの姿は内緒なのだ。

 たまにはそういうのも面白そうかなと乗ってみたが、早くメルヴィンに自分の姿を見せたくて、褒めて欲しくて、キュッリッキはジリジリと心が落ち着かなくなっていた。

「あー、いたいた、リッキーやっほー」

「ファニー! ハドリーも」

「よっ」

 突然親友のファニーとハドリーが、テントに姿を現した。

「おやおや、2人とも応援に来てくれたとか?」

 ルーファスが目をぱちくりさせていると、

「あたしもエントリーしてるのよ、美人コンテスト」

「お~」

 キュッリッキが背筋を伸ばすと、ファニーは両手を腰に当てて「ふぅ」っとため息をついた。

「結構自信あったんだけどー、あんたもエントリーしてるんだったら、優勝は無理ネ」

「そうなの?」

 ファニーはこめかみをピクッとさせると、キュッリッキの鼻をつまんだ。

「この無自覚め! 主催の方針であんた最後の出番で良かったわよ! トップバッターでステージに出て行ったら、あとが自信喪失で続かないんだからね!!」

「いひゃひゃいふぉ」

 ファニーの剣幕に、ハドリーとルーファスは薄笑いを浮かべた。

 申込書には写真を添付するが、主催側でステージに立つ順番を決めるときに、その写真を参考にする。

 ラストに近ければ近いほど、美人の質が上がる。ファニーが言ったように主催側の判断で、ハイレベルな美人が最後の方にもっていかれるのだ。そうすれば前半の出場者に、いらぬ劣等感を抱かせずに済むし、客の盛り上がりも自然と操作できる。

「ったく、優勝だったら報酬が凄い良かったんだけど、あんたがライバルじゃ無理すぎる。――しょうがないわね、2位狙いに変更するわ」

 前に突き出した胸が、重たそうにぶるんと揺れる。それを見上げて、キュッリッキは自分の胸に視線を向けた。

(……むぅ)

 揺れるどころか、揺らすことさえ難しいペッタンな胸である。

「ファニーちゃんは、今日だけの臨時日雇いで?」

「そそ。『トリカブト傭兵集団』に雇われたのよ。あそこにも女はいるけど、流石にもうコンテストって年齢じゃないしね~。たまに仕事手伝わせてもらってるのもあって、出てあげるってことになったの。ちなみにあたしは45番よ」

「なるほどなるほど。ファニーちゃんもかなりイイ線イってるから、上位入賞はマチガイナイネ」

 小麦色に日焼けした肌は、布の面積がやや少ない大胆なビキニと、ジーンズの短パンで覆われている。愛らしい顔とセクシーな肢体は、明るく活発な印象を全面的に押し出していた。

「だとイイけど。――さっき全部の控えテントの中見てきたけど、ライオン傭兵団のもうひとりのエントリー女、アレ毎年出てるって人よね。今回も出るみたいだけど、全然懲りてないのね?」

 ルーファスは深々と首を縦に振る。

「あのベルトルド様が却下しても、まーったく聞き入れないからねー。相当の頑固者なんだよ~」

「まあ、別にブスってわけじゃないと思うけど、コンテスト向きじゃあないわね」

「おいおい、あんまり失礼言うなよ」

 ハドリーが慌ててたしなめると、ファニーは小馬鹿にしたような笑みを浮かべる。

「これ、美人コンテストなのよ? あたし、間違ったことは言ってないわ」

美人コンテスト編:episode566 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply