片翼の召喚士-ReWork-:episode569

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode569

(メルヴィンにやっと見てもらえる。頑張っちゃうんだから)

 やや緊張気味に面を上げて、キュッリッキはステージをまっすぐ歩いていく。

 ステージの半分上はテントで日除けがされていて薄暗い。前に進むにつれ視界がどんどん開けていくと、太陽の光に照らされた海が眩しく輝き、キュッリッキは一瞬目を細める。

 海と波打ち際に近い観客たちが、徐々に視界に飛び込んできた。

(メルヴィンはドコかなあ?)

 目だけをキョロキョロするが、人が多すぎて見つからない。

(もうちょっと前に行ったら見つかるかな。…でも、なんだか凄く静かな気がするかも~?)

 ほかの出場者達のように大声援で迎えられると思いきや、観客たちの意外な反応に、キュッリッキは目をぱちくりさせていた。

 バンドの演奏がピタリと止まり、波が引くように会場の騒音も静まっていく。

 衣擦れの音とヒールの靴音だけが、潮騒とともにビーチに響き渡った。

 観客たちは皆、吸い付けられたようにステージに立つキュッリッキに見入っていた。

 胸元や細い二の腕を大きく覆う飾りは、銀と青のビーズで幾何学模様に編まれ、そこから柔らかな半透明の薄布が、幾重にも裾に広がってほっそりした身体を包み込んでいる。

 裾のあたりが淡い青色になっていて、水と白い泡を彷彿とさせるドレスだ。

 そよ風に薄布が揺れると、陽の光に透けて身体の線があらわになり、ほんのりと淡く肌の色も透ける。

 49人までの艶かしい美しさの競演のあとに、神秘的で清楚な美が登場して、会場は感動の渦に落とし込まれている状況だった。

 陽の光を弾いて金色に煌く髪の毛と、日焼けとは無縁の真っ白な肌、儚げでいて美しい顔は戸惑いを浮かべて、目の前の観客に向けられていた。

 静まり返る中、キュッリッキがステージの所定の位置に立つと、静寂を突き破るように大歓声が沸き起こった。

 これまで顔よりも、その艶かしいボディに魅了されていた人々は、キュッリッキの登場により、なんのコンテストかを思い出す。

「どお? メルヴィン」

 ルーファスがニヤニヤとメルヴィンに感想を求めると、メルヴィンは惚けた様にキュッリッキに釘付けとなっている。

「言葉で聞くまでもないか」

 ルーファスの苦笑に、タルコットとギャリーはにっこりと笑った。

 毎日見ているはずのキュッリッキの顔、そして姿。しかし今ステージにいる彼女は、絵画から抜け出た女神か妖精のように見えるのだ。

「綺麗です、本当に…」

 頬を赤らめつつ、メルヴィンは心酔するように呟いた。

「フフンッ、愚民どもめ。リッキーの美しさに魂から魅入られたか」

 ポロシャツにスラックス姿のベルトルドは、尊大なドヤ顔で鼻を鳴らす。さすがに軍服は着ていない。リュリュもアルカネットも、似たりよったりのラフな格好だ。

「ちょっと前まで股間がバーニングしてたくせに、よく言うわネ、まったく」

「男としてアタリマエの反応だろう。首から下の、裸体に等しいエロティックな艶姿は、実に眼福だった」

「なかなかに神々しいというか、神秘的な雰囲気ですねキュッリッキ嬢。これまでの49人のエロイ姿が霞む勢いを醸し出していますよ」

「無垢なまでに、本当に透明感のある美しさです。魅入られないほうがどうかしているというものです」

 シ・アティウスの率直な感想に、アルカネットが深々と同意する。

「さすがは召喚士様、ってところかしら?」

「おおっと、あまりの神秘的な美しさに仕事忘れちゃったよ~! さあキュッリッキちゃん、キミの特技をここでご披露しちゃってえー!!」

「そうだった!」

 司会者に促され、キュッリッキはハッとなる。メルヴィンはどこかと、探すことに夢中になっていたのだ。

「えっと、では、得意な歌を歌いまーーーっす!」

 そう元気よく大声で宣言し、キュッリッキは司会者のマイクをひったくった。

「ちょっ! ヤバイぞ」

 観客席にいるハドリーが、慌てて両手で耳を塞ぐ。

「ヤダあの子、マイク持っちゃった」

 ステージの裏で、ファニーは両手で耳を塞いだ。

「アタシの十八番、『恋のドキドキハリケーンラブ』いっきまーす!」

 キュッリッキは大きく息を吸い込み、そして。

「あ~~~たしの~~~~この~~あふれるううう想いわあああああ」

 握り拳で歌いだした瞬間、ビーチにいるすべての人々がずっこけた。

美人コンテスト編:episode569 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply