片翼の召喚士-ReWork-:episode573

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode573

 生演奏が再び会場を盛り上げ、タキシード姿の司会者が結果発表開始をアナウンスする。そして、参加者の美女たちが、1番から順にステージ上へ戻ってきた。

 1番はライオン傭兵団のマーゴットであり、最後をつとめる50番はキュッリッキだ。

 広いステージに美女全員が並び、会場が再びヒートアップする。

「ふふん、やはり俺のリッキーが一番の美女だな! 他の女どもは、首から下なら入賞するだろうが」

「色気でカバーできるはずもない顔で、よくもぬけぬけと参加できたものです。ちなみに、私のリッキーさんですよ」

 ベルトルドとアルカネットは横目で視線を飛ばし合う。その間に割って入り、リュリュは大仰に嘆息した。

「ハイハイ、全くバカ親たちなんだから。それにベル、エロイ身体見て股間がバーニングしないようにネ」

「リッキーだけを見てるからダイジョウブだ!」

 そう言いつつ、ベルトルドは居並ぶ艶かしいボディに、チラチラと好色の視線を向けていた。鼻の下が若干伸びている。それを見て、リュリュは呆れたように肩をすくめた。

「さあ! まずは3位からの発表だよー!」

 美女たちの前に陣取り、司会者が高らかに片手を挙げる。

 ドドドドドッとドラムが鳴り、会場中が息を呑む。

「エントリーナンバー34番、《悠々快適傭兵団》のエルマちゃんだよー! おめでとう!!」

 赤髪の巻き毛美女が、両手を上げて会場に喜びをアピールする。裸体と区別がつかないまでのマイクロビキニ姿で、インパクトは強烈だ。一歩一歩前に出る都度、揺れるおっぱいと際どい股間に、男たちの視線が集中した。

「マリオンとタメ張れるくらい、ケバイな、エルマちゃん」

「えー? あたしのほうがぁ、美人よぉ~?」

「ないわ」

「ひっどぉーい」

 ザカリーの言いように、マリオンが嘘泣きで応じる。

 前に出ていたエルマは、審査員からトロフィーを受け取ると、観客たちに投げキッスをしながら後ろに下がった。

「お次は2位、エントリーナンバー45番、《トリカブト傭兵団》のファニーちゃん! おめでとう!!」

 おめでとおおっ! と観客席の一部からドスの効いた歓声が沸き起こった。ファニーの親衛隊たちだ。

「おお、アイツ2位を取れたかあ」

 髭をザリザリ摩りながら、ハドリーは笑顔を浮かべた。

「さっすがファニーちゃん、優勝は無理だったけど大健闘じゃない」

「ええ、リッキーがいますしね、優勝は難しいですって。――2位でも賞金はそこそこ良かったと思いますよ」

 ルーファスに笑顔を向け、ハドリーはステージ上から手を振るファニーに、手を振り返した。

「さあ! 今年の優勝者の発表だよー!」

美人コンテスト編:episode573 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply