スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode390

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 モナルダ大陸戦争開戦へ編:episode390

 忌々しげに吐き捨てるように言うと、きょとんとしたキュッリッキと目が合って、ベルトルドは苦笑を浮かべてしゃがみこんだ。

「こちらの開戦予定日までは、のんびりできると思っていたんだがな」

 いつもの子供じみた喧嘩が始まると思いきや、突然仕事モードになった2人に驚いていた。でも、自分は今敵国にいて、開戦を控えている時なのだと再認識する。

 こうして色々な人々に守られているから、どこか安心していた。キュッリッキは慣れた戦場の臭いを感じて、身を引き締めた。

「いよいよ戦争、始まるんだね」

 やや緊張した面持ちのキュッリッキの頬に優しく手をそえると、ベルトルドは力強く頷いた。

「今日明日には、始まりそうだな」

「あの耄碌ジジイ、よくもやってくれたわね」

 薄く紅をはいた唇を歪め、リュリュは所かまわず「ちっ」と大きく舌打ちした。

 正面に立つブルーベル将軍は、内心で「くわばらくわばら」と呟き肩をすぼめる。オカマが怒ると迫力2倍だな、と後ろに控える副官のハギも肩をすぼめた。

「しょうがないわ、取り敢えずベルにこのことを伝えてちょうだい。――どーせ現場の判断に任せる、てなるでしょうけど」

「承りました!」

 報告のために会議室に来ていた通信係の尉官は、オカマの驚異に怯えた表情を出さないように気をつけながら、敬礼をして足早に退室していった。

「こんな時に援軍とは……どこに隠匿していたんでしょうねえ」

「………6月にアルイールで暴れていたソレル王国軍が、どこへ潜伏したのか掴めなかったの。あまり大々的にも内々的にも調査していなかったから。てっきりエルアーラまで下がらせていたのかと思いきや、同盟国に隠していたとか、いやんなっちゃう」

「なるほどなるほど」

 好々爺の笑みを浮かべ、ブルーベル将軍は肩を揺らした。

「こちらも戦端を開くには各地準備不足でしょうが、始めないと潰されてしまうでしょう。やるしかありませんな」

「全くだわ」

「それに」

 ブルーベル将軍は言葉を切ると、つぶらな瞳を細めて顎を引いた。

「この戦争には勝つ必要がない、と閣下は仰せになった」

 リュリュは頷く。

「エルアーラ遺跡のことを世界中に気取られないためにも、戦争は大々的にやってもらわなくちゃいけないの」

 妖しい笑みを浮かべ、唇を笑みの形に歪める。

「だってエルアーラ遺跡は、ハワドウレ皇国の秘密兵器なんだもの」

モナルダ大陸戦争開戦へ編:episode390 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。