片翼の召喚士-ReWork-:episode391

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 モナルダ大陸戦争開戦へ編:episode391

「アタシたちってぇ、働き者だよねえ~」

 綺麗に片付いた――さすがに壊れたものは修復しようがなかったが――食堂を見渡して、マリオンが満足そうに微笑んだ。

 みんな疲れて椅子に座って、やれやれとくつろいでいたが、やがて食堂にベルトルド、アルカネット、キュッリッキが入ってきて顔を向けた。

「お前たちに話がある」

 そう言うと、ベルトルドは空いてるテーブルの上に座り脚を組んだ。

 椅子ではなくテーブルの上に座ったため、アルカネットがじろりと睨んだが「説教は聞きません」といった表情で、ツイっと顔を背けてスルーする。

 アルカネットは露骨に溜息を吐き出すと、そのテーブルにしまわれていた椅子を引き出して座った。

 キュッリッキはメルヴィンの隣に空いていた椅子を見つけると、少し躊躇したが、顔を赤くしながらも積極性を大発揮してその椅子に座った。

 隣に座ったキュッリッキに気づいたメルヴィンが、優しい笑みを向ける。キュッリッキも恥ずかしそうにしながらも、にっこり微笑み返した。

 ほんわかとした空気が2人の間に漂いだすと、素早く察知したベルトルドとアルカネットが、嫉妬モロ出しの視線をメルヴィンに飛ばす。しかし2人の世界オーラにガードされて、視線は弾き飛ばされてしまった。その弾かれた痛すぎる視線を、ライオン傭兵団の皆は素早く避けた。

 このままでは話が脱線する、と悟ったシビルが小さな手を口元に当てて「コホンッ」と咳払いする。

「えっと、どのようなお話でしょう?」

 じろりとした視線はそのままにベルトルドが正面を見据えると、何やら複数の話し声がして食堂の入口に姿を現した。

「ガエル、タルコット、ランドン~」

 さらに到着したメンバーに、キュッリッキが嬉しそうに声をあげた。

「元気そうだな」

 ニヤリとガエルが笑い返すと、タルコットとランドンは無言で片手を上げて挨拶を返した。

 食堂の中を見渡したあと、何やら話し中と察して、3人はそのまま壁際に並んだ。

「あと到着してないのはどいつだ?」

 ベルトルドは食堂を見渡し、カーティスに顎をしゃくる。

「ハーマンとヴァルトがまだです」

「マリオン、ルー、2人がどのあたりにいるか探せ」

「あ~い」

「へい」

 命じられた2人は、透視のために目を閉じて意識をこらす。すぐにマリオンが声を上げた。

「ハーマンみーっけ。あと1時間ほどでぇ、到着するって言ってるぅ」

「ヴァルトのほうは?」

「………えっと………」

 ルーファスが目を閉じたまま、物凄くイヤそうな表情を浮かべた。

「昼寝が忙しいから、気が向いたら出発すると。こっから離れた街にいます……」

 ベルトルドとアルカネットの眉がぴくりと動く。

「ルーファス、私と意識をリンクしなさい」

 片眉をひきつらせたアルカネットが、冷ややかな微笑みを浮かべながらルーファスに顔を向けた。

「は、はひっ」

 食堂に生唾を飲む音が静かに響いた。

「いましたね」

 ルーファスから送られる映像でヴァルトを見つけたアルカネットは、額に人差し指をあてて一言呟いた。

「ブラベウス・プロクス」

 食堂にはなんの変化もなかったが、ルーファスの表情が青ざめ引きつっている。

「飛べばすぐでしょう。今から1時間以内にこないと、本当に焼き鳥にすると言っておきなさい」

「承知しましたっ!」

「全く、世話の焼ける子ですね」

モナルダ大陸戦争開戦へ編:episode391 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply