スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode404

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode404

 狼狽えたようなメルヴィンの声に「え?」と皆振り向いた。そして辺りを見回してみると、確かにキュッリッキがいない。

「まだ上にいんのか? 降りてきてない?」

「えー、アタシぃ一緒に降りてきたよ~??」

「白黒犬はココにいんぞ」

 ザカリーがフェンリルとフローズヴィトニルを指差す。

 皆の視線が二匹に集中する。

 どこか気まずそうな雰囲気を貼り付けた顔のフェンリルと、能天気さを貼り付けた顔のフローズヴィトニルが、揃って明後日の方向を向いていた。

 たっぷりと沈黙の間を空けたあと、

「キューリが消えただとおおおお!!??」

 絶叫がフロアに鳴り響いた。

「あ……あれ?」

 キュッリッキは目をぱちくりさせながら、自分が置かれている場に驚きを隠せなかった。

 みんなと一緒に暗い簡易階段を降りていったはずなのに、気がついたらみんなが居ない。そして周りは白い雲の浮かぶ青空と、新緑の綺麗な平原に変わっている。

「えっと…、どこなんだろう……」

 遺跡の中へ入っていったはずなのに、どう見ても遺跡の中とは思えない。

 明らかにみんなとはぐれていた。

 しかしこれがベルトルドやアルカネットにバレたら、自分ではなく、ライオン傭兵団のみんなが責められることになるのだ。それは物凄く嫌だし、とても困る。

「やあ」

 困り果てたキュッリッキの背後から、陽気な声がかけられた。

 びっくりして振り向くと、黄色い光に包まれ輪郭のはっきりしない、なにかが立っていた。

「だ、誰?」

「ボクはヒューゴ、初めまして」

 にっこりと笑ったような声が名乗る。

 たっぷりと間を空けたあと、キュッリッキはごくりと生唾を飲み込んで、黄色い何かを睨みつけた。

「ここドコなの? あなたのせいなの? アタシみんなのところに戻らなくちゃ」

「ボクの心象風景を投影しているだけさ、遺跡の中だよ。そんなに怖がらなくていい、害する気はないから」

 そう言われても、こんな訳のわからないところへ連れてこられて、みんなとはぐれて、怖いというよりとても困るのだ。

「フェ…」

 フェンリルを呼ぼうとして足元にいないことに気づく。

 その瞬間、ナルバ山の遺跡でのことを思い出し、足元から冷えた感覚が這い上ってきて顔が強ばった。あの時フェンリルは、強制的にアルケラに帰還させられてしまったのだ。そして今度は、側にいないなんて。

 召喚することができなければ無力で非力な、逃げ回ることしかできなかった自分を思い出しゾッとする。

 そんなキュッリッキの様子を見て、ヒューゴは困ったような声を上げた。

「ごめん、本当に何もしないから。用事がすんだら、必ずみんなのところへ戻してあげる。だからちょっとだけ付き合ってほしい」

 強ばった表情でヒューゴを見ると、キュッリッキは口を引き結んで小さく頷いた。この何かに帰してもらわない限り、何も出来そうもなかった。

「キミがここへ足を踏み入れた瞬間、キミのことが判った。懐かしい力の波動を感じたからね」

 ヒューゴは草の上を僅かに浮かんで、滑るようにキュッリッキの周りをくるくる回った。

「キミはユリディスじゃないけど、彼女と同じ力を持っているんだね」

「ユリディス?」

 訝しみながら名を呟くと、光に包まれ曖昧にしか見えないヒューゴの顔が、にっこりと笑った気がした。

「そう。優しくて、おとなしくて、控えめで。でも芯が強くて、素敵な女の子だった」

「だった……」

「彼女は、死んでしまったよ」

 ひどく無念そうにヒューゴは言った。

「ボクは彼女を守る騎士(アピストリ)だったのに、彼女から引き離され、反逆者どもに殺された」

「え、じゃあ、あなたユーレイ!?」

エルアーラ遺跡編:episode404 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。