スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode405

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode405

 キュッリッキはまじまじとヒューゴを見つめた。

(思えば地面から浮いてるし、光ってて輪郭もぼんやりしているし、心象風景を投影したとか、ユーレイの仕業じゃなくてなんというんだろう!?)

 超古代文明の遺跡だって言うから、絶対こういうものはツキモノなんだ、とキュッリッキは空を仰いだ。

 別にユーレイ自体は怖くはないが、気色悪いとは思っている。しかも相手は1万年も前のユーレイにチガイナイ。ユーレイとはいえ長生きし過ぎである。

「今、ボクのこと、気色悪いとか思ったでしょ」

「えっ!そ、そんなことないもん!」

 明らかに狼狽えながら全力否定する。

「じゃあこれなら、気持ち悪くないかな」

 そう言うと、ヒューゴは両手を大きく広げ、僅かに身体を反らせた。すると、全身を覆っていた黄色い光がパッと霧散して、ひとりの青年が姿を現した。

 プラチナブロンドに白い肌、金褐色の瞳が印象的の、感じの好い青年だった。世間ではこれをハンサム、というのだろう。

「これでユーレイには見えないよね?」

 地に足をつき、キュッリッキを覗き込むように笑う。人懐っこそうな笑顔につられて、キュッリッキは苦笑した。

「ところで、アタシになんの用なの? みんなのところへ戻らないと、アタシじゃなくて仲間が叱られちゃうの」

「なんで叱られちゃうんだい?」

 不思議そうに問われ、キュッリッキはバツの悪そうな顔で目線を逸らせた。

「前に別の遺跡の中で、怪物に襲われて大怪我したの。遺跡の中に入ったのはアタシの勝手だったのに、ベルトルドさんもアルカネットさんも、みんなが悪いって怒るの。みんなは悪くないし、アタシのせいなのに……。だからまたこうしてはぐれちゃって、それがバレちゃったらみんなが怒られるんだもん」

「そりゃ、ベルトルドとアルカネットってひとが怒るのは当然だよ。キミが危険な目に遭うのは絶対に阻止し、守らなきゃいけないんだから」

「どうして? アタシ別にお姫様でもなんでもないよ? 仲間の一人ってだけなんだから」

「キミはお姫様以上の存在さ。それを守れず危険な目に遭わせて大怪我をさせたのなら、処刑モンだよ?」

「……言ってる意味が判んない」

 何だか噛み合わない、とキュッリッキは困惑した。

「ユリディスと同じ力を持つキミは、特別な存在だ。そのキミを守れないなら、役立たず以上だよ」

 どこか自分自身を責めるような言い方だった。

 彼は守れなかったのだろうか? ふとキュッリッキは思った。

「守れなかったんだ……。ユリディスも、そして愛するイーダも…。ボクとイーダは反逆者たちに騙され、ユリディスから引き離された。イーダは……ボクの目の前で反逆者たちに、陵辱されて殺されたんだ」

 怒りを突き抜けてしまったような、殺伐とした表情でヒューゴは呟くように言った。怒りとやるせなさと、深い悲しみを滲ませた声で。

 ヒューゴは目を伏せ、そしてキュッリッキを見た。

「キミは、絶対守られなければならない存在だ。多大な犠牲を払っても、守るべき存在なんだよ」

エルアーラ遺跡編:episode405 つづく

フッター
関連記事
オリジナル小説ファンタジー

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。