片翼の召喚士-ReWork-:episode406

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode406

 確かにレアと呼ばれる召喚スキル〈才能〉を持っているが、自分のどこが他人を犠牲にしてまで、守られなければならないか見当もつかない。

 片方の翼は未発達で、空を飛ぶこともできない。出来損ないの自分が、どうしてそこまで言われるのだろう。キュッリッキの頭は、ますます混乱していた。

「アタシ、アイオン族だけど、片方の翼がナイの、生まれた時から…。だから親にも捨てられたし、イルマタル帝国も見捨てたし、特別なんかじゃないよ」

 言葉に出すだけで、胸が締め付けられるほど苦しくなる。

 本当に特別な存在なら、親に捨てられることもなく、国にも見捨てられなかったはずだ。それこそ、他の召喚スキル〈才能〉を持って生まれた者たちのように、生国に保護され大切にされていただろう。

「ライオン傭兵団のみんなは、仕事仲間だもん。護衛なんかじゃない。アタシだって、プロの傭兵なんだから!」

 キッと力強くヒューゴを睨む。

「傭兵って………キミが!?」

 驚いたように目を見開き、ヒューゴはキュッリッキを食い入るように見つめた。

「驚いたな、それだけ時代が変わったってことなのか……? 随分と無茶をさせるんだな、今の国は」

 召喚スキル〈才能〉を持つ者が、傭兵をしているなど前例がないらしいが、キュッリッキはギルドに正式に認められた傭兵である。

「しかし何故キミみたいに綺麗な女の子が、傭兵なんて野蛮なものに志願したんだい? 試してみたいのなら、もっとほかの安全な職業を選べばいいのに。自らを危険にさらすような真似をするなんて」

「好きでそうしたんじゃないんだから!!!」

 たまらずキュッリッキは怒鳴った。叱るように言われて、カッと頭に血が上る。

「アタシだって捨てられなきゃ普通に育ってたもん! 傭兵なんてやらずにすんだんだもん!! でもしょうがないじゃない、生きなきゃいけなかったんだから」

 こみ上げてくる怒りのために、息遣いが粗くなる。握った拳が震えた。

「アタシだって普通の女の子のようになりたかった! お父さんとお母さんに優しくしてもらいたかったもん!」

 綺麗な洋服や美味しい食べ物を売っている店が並ぶ街を、家族でショッピングしながら歩くことに憧れた。同い年の女の子たちと、勉強をしたりスポーツを楽しんだり、他愛ないお喋りをしたり、そんな当たり前の世界に、心底憧れた。

「おかえりなさい」「いってらっしゃい」そう言ってくれる家族の存在が欲しかった。

 でも、キュッリッキには何もない。片翼で生まれてきた、それだけで人生は狂ったのだ。

 いつも思っている。

 ――それは自分のせいなの? そういうふうにアタシは生まれたかったの?

 生まれてきてしまったのだからしょうがない、などと、判りきっていることを言われたくもない。

 こんな、いつからユーレイになっているか判らないような男に、何も知らないくせに、したり顔でとやかく言われる筋合いなどないのだ。

エルアーラ遺跡編:episode406 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply