スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode429

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode429

「ルー、お前、守備範囲広くなったな」

「巨大デブ専もイケるようになったのか」

 ギャリーとザカリーが、硬直しているルーファスの両肩をそっと掴んだ。

「お前好みの巨乳だしな」

 その言葉にハッと意識を取り戻したルーファスが、大慌てで首を横に振った。

「確かにオレは巨乳が大好きだ! 爆乳もバッチコイだけど、あれはすでに乳と他の部位の脂肪の境が判んないじゃないか~~~」

 ルーファスは四つん這いになると、悔しそうに床を拳で叩いて泣き叫んだ。

「おっぱいがデカけりゃいいってもんじゃないんだ! オレの理想とするのはあんなのじゃないんだ! 選ぶ権利はオレにだってあるっ!!」

 魂の叫びを吐き出して、ルーファスはメソメソと泣き出した。

 その様子に皆が揃って溜息を吐き出し、床に座っていた者は立ち上がった。ガエルが無理矢理ルーファスを立たせる。

「まあ、心は一つですね」

 カーティスが一言呟くと、皆床を蹴って肥満女とは逆の方向へ走り出した。

 過去を振り返りながら、ルーファスはしみじみと語る。

 女好きと言われるルーファスは、スレンダー美人だけが好みというわけではない。多少ぽっちゃりしていても、美人で可愛かったらオッケーだ。更に胸の大きさにもこだわりがあり、形と張りの良さにもこだわりがある。大きいだけじゃだめなのだ。

 端正なルックスと愛嬌ある笑顔に優しい人柄で、少年期からモテなかったことはないほどモテた。おブスに対して邪険にしたりはしないし、好みじゃないからといって偏見はしない。その姿勢が女性全般から、好感的に受け取られているのだ。

 女に不自由しない人生を歩いているが、望みもしない女から思いを寄せられることも多々あった。とくにハーメンリンナの宮殿騎士を勤めていた時代。身分の高い妙齢から高齢までの御婦人方からしょっちゅう誘われ、お手軽な恋愛ごっこを楽しむことができた。その中には美人もいれば、可愛らしい婦人もいた。そして、醜女も肥満もいた。

 心を鬼にして断っても良かったが、醜女や肥満なご婦人に限って、断りにくすぎるご身分の高い人ばかり。

 一夜のお相手をするのに、ルーファスは拷問される以上に最悪な気分で、だがいくら見た目がアレでも女性である。恥をかかせるわけにはいかないと、心を粉砕しながらしっかりと務めを果たした。

 その時の経験上、もっとも最悪だった女性、ロヴィーサ・イルタ・エテラマキ男爵夫人に、迫り来るアノ肥満女はそっくりなのだ。

「いや、いくらなんでもデカすぎ!」

 ルーファスの自画自賛を含む回想話に、ザカリーが裏手ツッコミを入れる。しかしルーファスは、走りながらゆるゆると首を横に振り続けた。

「確かに倍に膨れ上がっているが、アレはエテラマキ男爵夫人だ絶対……。ああ、思い出す……。勃たないところを気合で奮い勃たせて、ナントカ頑張ったんだオレっ」

 握り拳にグッと力が入る。その時のことを思い出し、涙がとめどなく溢れた。

「お前の女性遍歴は、御大とタメ張れるぜ……」

「いやいや……ベルトルド様には及ばない」

「ルーさんフケツ」

 キュッリッキの無垢でジトーっとした目に、ルーファスは焦って手を振る。

「そんなこと言わないでキューリちゃん! 昔の、若気の至りだからっ」

 色んな事に疎いキュッリッキでも、ルーファスの話はなんとなく理解しているのだ。

「それにしても飽きずに追いかけてきますねえ」

 シビルが困ったように言うと、キュッリッキは頷いてルーファスを振り返った。

「アレも燃やしちゃう?」

「そんな素っ気なく言わないでっ」

 ルーファスはビックリして否定した。脂たっぷりでよく燃えそうだなあ、とこっそり思ったが。

「ルーを追いかけてきてるように見えるぞ。なんとかしろ色男」

 さっきの仕返しとばかりに、ガエルがニヤリと言った。

「なんとかって言われてもなあ」

エルアーラ遺跡編:episode429 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。