スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode436

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode436

「ザカリーさんが見つけられないなら、そうするしかないようですね」

 同意するようにメルヴィンは頷くと、胸のペンダントヘッドを握って目を閉じ、意識を凝らした。

 アサシンの気配すら見抜ける爪竜刀の持つ力を借りて、見えない気配を探る。

(気配は……二つ、だけ)

 悪意や敵意といったものはない。けれど、明確な目的をもって自分たちを攻撃する、強い意思のようなものは感じられた。

「床の外に投げ出されると大変ですから、この部屋を出たほうがいいですね」

「けどよ、階段を登ってる最中に襲われたら、やっぱ危ねえぞ」

「全員で登ったら危険ですから、手間だけど、一人一人行きましょう。オレが護衛します」

「そうしてもらったほうがよさそう。目で捉えられないほど早い物体なら、サイ《超能力》の防御も吹っ飛ばされそうなかんじに」

 ルーファスは情けなさそうに眉を寄せた。魔法の防御も同様かとカーティスも肩をすくめた。

「お願いしますメルヴィン」

「任せてください。まずはカーティスさんから」

 2人が階段へ向かおうとしたその瞬間、

「リッキーさん!」

「えっ」

 血相を変えたメルヴィンが、フェンリルに乗るキュッリッキの傍らに駆け寄った瞬間、メルヴィンの身体がくの字に曲がり、勢いよく後方へ吹っ飛んだ。そして宙に浮いたまま身体が床を離れ、外に投げ出された。

「メルヴィン!!」

 その時、ライオン傭兵団の皆は、信じられないものを見た。

 メルヴィンを追いかけるようにフェンリルの背から飛び降り、そのまま宙に身体を踊らせたキュッリッキの、その背に大きく広がったものを。

「バカっ!!」

 舌打ちしながらヴァルトは翼を広げると、落下していく2人を追って、床を蹴ってダイブした。

 みぞおちに喰い込むようにして激突してきた見えない敵。あまりの衝撃にメルヴィンは目の前が暗転し、一瞬意識が飛んだ。

 鈍い重みがゆっくりと去って、詰まっていた息が吐き出されると、ようやく意識を取り戻してメルヴィンはハッとなった。

 足が床から離れ、宙に身体が浮いている。そして背中から落下していることに気づいた。

(このままじゃ…)

 底に吸い込まれるように落ちる恐怖と焦りに、全身に冷たい感触が駆け抜けていった。

 これまで何度か死に直面する場面に見舞われたことはあるが、諦めることは絶対にしなかった。諦めなければ、切り抜け打開できるという自信と希望が、そこには必ず見えていたからだ。しかしこの状況では、さすがに希望を抱く気がおきそうもない。

 似合わぬ覚悟を決め、目を閉じかけたその時。

「えっ?」

 宙に投げ出すように力の抜けた手をしっかりと握られて、再び目を見開いた。

「リッキーさん!?」

 泣きそうな、それでいて必死な面持ちのキュッリッキが、小さな手で右手をしっかりと握り締めているのだ。

(まさか彼女まで落とされたのか?)

 見えない敵の気配二つ、自分が身体で受け止めたはずだった。それなのに何故。

 メルヴィンはもう片方の手でキュッリッキの腕を掴み、自分に抱き寄せ、ほっそりとした背中に手を回して抱きしめた。そしてこの時ようやく、それが目に飛び込んできて驚愕した。

 少し落下スピードが緩まったように感じられたが。

「翼……?」

エルアーラ遺跡編:episode436 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。