片翼の召喚士-ReWork-:episode453

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 エルアーラ遺跡編:episode453

「ゴーレムならパンダとか、可愛い顔のにしろよなー」

 パンパンと掌の汚れを払い落としながら、ヴァルトはむっすりとぼやいた。

「パンダだと破壊するのに躊躇いそうだけど……」

 ふとブルーベル将軍の副官の顔を思い出し、メルヴィンは苦笑した。中身はどうあれ、見た目は可愛いのだから。

「やっと倒したか愚図ども」

「スンマセン」

 ぺこぺこ頭を下げながらギャリーは内心「ロリコン野郎め…」と悪態をつく。

「聞こえてるぞギャリー」

「さらにスンマセンっ!」

 ベルトルドの前では、胸中で思うことも筒抜けだ。

「力の正体が判ればもう俺には通用せん。とっとと片付けて戦争の後始末へ向かう! 俺は超絶忙しいんだ!! ついでに眠い」

 ノーキン組みはベルトルドのために前を開け、後ろへと下がる。

「1万年前、ある事象により世界は滅んだ。そこから人類が再び歴史を紡ぎ出したのは9千年後、それほどの長い時間を必要とするほど世界を追い込んだ元凶は、このフリングホルニだ」

「!」

 唐突に発せられた内容に、ヒューゴは驚いた。そしてライオン傭兵団は不思議そうに首をかしげる。

「フリングホルニが建造されなければ、世界を滅ぼすほどの事象は引き起こされなかっただろう」

「あなたは……あなたはどこまで知っている」

 あえぐように声を振り絞るヒューゴに、ベルトルドはニヤリと不敵な笑みを向ける。

「局所的に起こった事象は世界を巻き込んだ。ヤルヴィレフト王家の犯した罪は重い。だが、それを止められなかった貴様の罪はもっと重いぞ、ヒューゴ」

「違う!!」

 これまで余裕を浮かべていたヒューゴの表情が一変し、恐怖にひきつったように歪んでいた。

「ボクは止めようとした、止めようとしたんだ! だが騙されユリディスと引き離されてしまった。守れなかった………守れなかったんだよ!!」

(一体なんの話をしてるんだ…?)

 ギャリーは不可解そうにルーファスに目配せしたが、ルーファスは肩をすくめてみせただけだった。

「まさか、あんなことになるなんて…」

「阻止できなかったことを悔いて、それでここに己の魂の一部を遺していったわけか。健気だな」

 僅かに嘲笑を含めて言い放つ。それに気づいて、ヒューゴはキッとベルトルドを睨んだ。

「あの世へ旅立つ前に、ひとつ面白いことを教えておいてやろう。1万年前にヤルヴィレフト王家が犯そうとした愚行と、同じことをやろうとしている者がいる」

「なんだと!?」

「そしてレディトゥス・システムとその全ても手中にある。フンッ、ご苦労だったな。貴様を処理すれば準備が整うんだ」

「まさかあなたは」

「1万年前に守れなかったものが、現代になって守れるものか、馬鹿者!」

 ベルトルドの周囲に、突如放電する光の玉が無数に出現する。

「あれってもしかしてっ」

エルアーラ遺跡編:episode453 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply