スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片翼の召喚士-ReWork-:episode461

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 勇気と決断編:episode461

 ふと目を覚ますと、薄暗さが目に飛び込んできた。

「あれ…、寝ちゃったんだ…」

 透かして織られたカーテンから、柔らかな月明かりが青白く差し込んでいる。寝ている間に夜になってしまったんだと、キュッリッキはスッキリしない頭で思う。

 顔を上げると、アルカネットの寝顔がある。枕に頭をあずけ、ぐっすりと眠っていた。

 端整な寝顔には疲労の色が濃い。寝ていても常に隙がないアルカネットには珍しく、とても無防備である。よほど疲れていたのだろう。

 ベッドに足を投げ出すようにして座り、大きな枕に上体を預けている。その膝の上に乗せられ、広い胸にもたれてキュッリッキは座っていた。

 ベルトルド邸に帰り着いたあと、主治医のヴィヒトリが怪我の手当てに来てくれた。いつもなら冗談を言いながら、明るく笑いかけてくれる。しかしさすがに冗談は言わず、励ますように笑いかけてくれただけだった。

 その後アルカネットに慰められながら、泣き疲れて眠ってしまったようだ。

 キュッリッキの身体に回された手は、細い身体をしっかりと抱きしめていてる。腕や手から伝わる温もりを服越しに感じ、こうして抱きしめられていることで、心底安堵していた。

 ゆっくりと上下する胸に再び顔をうずめるようにして、胸元のシャツをしっかりと握った。

 意識がはっきりしてくると、頭を過ぎっていくのはメルヴィンの絶句した顔。自分の奇形の翼を見て、驚いたまま何も言ってくれなかった、あの顔を真っ先に思い出してしまう。

(メルヴィン…凄く、ビックリしてた…)

 あの時のことを思い出すと、今すぐ記憶喪失になってしまいたい、なかったことにしたいと心が悲鳴を上げる。頭の中をグチャグチャに掻き回し、壊してしまいたいほど苦しくなるのだ。

 形容しがたいほどの苦痛を心の中で繰り返し叫び、シャツを握る手は震えながら力がこもる。すると、キュッリッキを抱きしめているアルカネットの手が、更に抱き寄せるように動いた。

 ハッとなって顔を上げると、アルカネットが穏やかに優しく見つめている。

「眠れませんか?」

 キュッリッキは小さく首を横に振ると、僅かに表情を曇らせた。

「ごめんなさい、アタシ、起こしちゃった」

 アルカネットは「かまいませんよ」と言って、自嘲するように笑う。

「起きているつもりでしたが、うっかり眠ってしまったようです」

 つられてキュッリッキも小さく微笑むと、再びアルカネットの胸に頬を寄せた。

 とくに話がしたいわけではないし、なにかして欲しいわけでもない。ただ、一人でいるのは嫌だった。辛い気持ちを埋めるように、こうして誰かに触れているとホッとする。

 いまだ心の中は、色々な感情が渦巻いていて落ち着かない。

 左側の翼を見られた羞恥、絶句したメルヴィンの顔、仲間たちに知られてしまった自分の本当の姿。

 みんなには、自分は今、どう思われているのだろうか。そして、どんな顔でみんなの前に立てばいいんだろう。

(みっともない本当の姿を隠し続けてきて、ライオン傭兵団にアタシの居場所はまだあるの?)

 バレちゃったことだし、これを機に全て打ち明けてスッキリしたいのか、果たしてきちんと話ができるのか。受け入れてくれるのだろうか。

勇気と決断編:episode461 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。