片翼の召喚士-ReWork-:episode481

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 勇気と決断編:episode481

(お……落ち着け…落ち着きなさい自分っ)

 アルカネットはブンブン頭を振り、目の前の現実をしっかり受け止める。キュッリッキにいつまでも、あんな汚らわしいものを握らせておくわけにはいかないからだ。

 靴を履いたまま慌ててベッドに飛び乗って、キュッリッキの背後に回って羽交い締めにした。

「と、とにかく落ち着いてくださいリッキーさん!」

「アタシ落ち着いてるってばあ! ものすっごく根深く生えてるのお!! こんなに一生懸命引っ張ってるのに抜けやしないんだからあ。アルカネットさんも手伝ってぇ」

「それはミミズじゃありませんから、手が汚れます。ていうかもう汚れているようなものですよっ! よく洗って消毒しなければ」

「だって、こんなヘンなモノが」

「さあ、洗面所へ行きましょうね」

「あ~ん」

 アルカネットに羽交い締めにされたままの格好で、キュッリッキは強制的に洗面所に連れて行かれてしまった。

 ベッドの上でぐったりとなったベルトルドに、セヴェリとリトヴァが慌てて駆け寄る。

「だ、旦那様」

 どう対応していいか困ったような声をセヴェリは出し、リトヴァはベルトルドを疲れたように見やって、眉間に人差し指をあてた。

「なんと情けないお姿に……」

 女の下半身を蕩けさせるほどの美貌は、子供のような泣きべそ顔。上半身は乱れたパジャマの上着だけで、下半身はすっぱり丸裸。全身力が抜けたように、ぐったりと手足を投げ出している。

 こんなあられもない姿は、初めて目にする2人だった。

 ベルトルドはようやく激しい拷問から解放され、痛みがひいていく中、頭が怒涛に混乱していた。

(確か、幸せな夢を見ていたはずだが…)

 強烈な痛みとともに目が覚めて、見ればキュッリッキが暴れん棒を握り締めて、必死に引っこ抜こうとしているではないか。あんなか細い腕のどこにそんな力が!? と思うような馬鹿力で引っ張っているのである。

 本来ならば、愛しい少女に暴れん棒を握り締められるなど、悦びの絶頂といっても過言ではないほどの、天にも昇るくらい幸せなはずなのだ。しかし、握り締めるにしても限度はある。あそこまで強烈な力で握られたら、大事な大事な暴れん棒が壊死してしまう。

 いくら痛いからといっても、相手は愛しい少女、力で追い払うなどできはしない。しかし何度言っても放そうとしないし、股間にミミズが生えたと勘違いしている。

(ていうか、ミミズ………ミミズ………)

 この世のどこに、こんな立派な太さをしたミミズがいるんだよ!? と、自慢の暴れん棒をミミズ呼ばわりされて、心がシクシク痛んだ。

 いずれこの自慢の暴れん棒でキュッリッキを悦ばせ、エクスタシーの絶頂を迎えさせることを楽しみにしているのに、そのキュッリッキにミミズ呼ばわりされてしまうとは。

「もう俺、お嫁に行けない気がする」

 下半身を丸出しにしたまま、ベルトルドは両手で顔を覆うと、メソメソと泣き出してしまった。

勇気と決断編:episode481 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply