片翼の召喚士-ReWork-:episode574

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode574

 ざわ、ざわっと、会場がざわつく。

 低く、そして徐々に高まっていくドラムの音に、観客たちの熱い視線が司会者に集まる。

「それでは発表! 今年の優勝者はっ! エントリーナンバー50番! 《ライオン傭兵団》のキュッリッキちゃん! おめでとうー!!」

 大歓声がビーチを震わせた。

「おっしゃあ!」

 ベルトルドとライオン傭兵団のみんなが、握り拳で咆哮する。

「判っていた事とは言え、改めて嬉しいものですね」

 にこやかなアルカネットに、リュリュも笑顔で頷く。

「セクシーコンテストではなく、美人コンテストですからね」

 シ・アティウスも笑みを口元に浮かべた。

 ステージ上では、可愛らしい笑顔を浮かべたキュッリッキが、重たそうなトロフィーと、チケットを模した大きなボードを受け取っている。

 さすがに2つは持てないので、トロフィーは両手で抱え、ボードは足元に置いて観客たちに笑顔を向けていた。

 やがてコンテストの終了を告げる音楽が盛大に演奏され、上位入賞者の3人はその場で観客たちに手を振り、落選した美女たちはステージをぐるりと一周して、奥へと消えていった。

「みんな~、アタシ優勝したよ」

 重そうに両手でトロフィーを抱えながら、キュッリッキが仲間たちの待つ観客席に小走りに駆けてきた。

「きゃっ」

「おっと」

 ドレスの裾を踏んづけて、前のめりに倒れそうになったキュッリッキを、ベルトルドが優しく受け止める。

「ありがとう、ベルトルドさん」

「気をつけるんだぞ」

 笑顔のベルトルドに、キュッリッキはいたずらっ子のような苦笑を返した。

「おめでとうございます、リッキー」

 ベルトルドの背後からメルヴィンが姿を現し、キュッリッキははちきれそうな笑顔を向けた。

「メルヴィン!」

 ベルトルドの腕からするっと抜け出し、軽やかにメルヴィンの胸に飛びついた。重いトロフィーは、砂浜にポイッと投げ捨てている。

 キュッリッキにとって、それが優勝の証であっても、メルヴィンと比べたらゴミ同然なのだ。

 眉を痙攣させ忌々しそうにメルヴィンを睨みながら、ベルトルドはトロフィーを拾い上げると、そばにいたガエルに押し付けた。

「お前が持っていけ」

「……押っ忍」

「よし、リッキーの優勝祝いをするぞ!」

 両手を腰にあて、吠えるように言うベルトルドに、皆の視線が集中した。

美人コンテスト編:episode574 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply