片翼の召喚士-ReWork-:episode575

片翼の召喚士-Rework- 記事用ヘッダー

片翼の召喚士-ReWork-

 美人コンテスト編:episode575

「ドコでやるんっすか? 今日はイララクス中の飲み屋は満員ですぜ」

 世界中から傭兵たちが集まり、一般の観客も多く、特にハーツイーズ街は大混雑だ。カフェやレストランの類は毛頭にないギャリーが、眉を寄せ怪訝そうに言うと、

「ビーチでやる」

 そう言って、ドヤ顔のベルトルドは西の方を指さした。

「あっちの方に用意してある。どうせお前らのことだ、ドコにも予約は入れてないだろうしな」

「そうでしょうね。それにリッキーさんが優勝することは間違いないことだったので、あらかじめ祝賀会の用意をしてあります」

 アルカネットが朗らかに補足する。キュッリッキが負けることなど寸分も疑っていない、自信たっぷりな2人の成せる技だ。

「祝賀会?」

 嬉しそうに興味を示したキュッリッキに、ベルトルドはにっこりと微笑む。

「バーベキューを中心に、リッキーの好きなお菓子や、色々な料理も用意してあるぞ。酒も飲み放題だ」

 これにはライオン傭兵団も身を乗り出し反応した。酒の飲み放題なら大歓迎である。

「わあ~、じゃあ、ファニーとハドリーも一緒に行っていい?」

「ああ、リッキーの友人だからな、連れてくるといい」

「わーい、ありがとう」

 ずっと蚊帳の外だったファニーとハドリーに、キュッリッキは無邪気に笑いかけた。

「一緒に行こっ」

「い、いいのかな、あたしたち部外者なのに…」

 ファニーとハドリーは、おっかなびっくりな体で顔を見合わせる。お偉い筆頭のベルトルドもいるし、いくらキュッリッキと友達でも遠慮してしまう。

「ベルトルドさんがイイって言ってるから、行こーよー。久しぶりに会えたんだし」

 キュッリッキは二人の手を握り、ぐいっと引っ張った。

 新しい仲間たちができても、友達なのだ。一緒にいたいし話したいことも山ほどある。以前よりも、こうして会えなくなってしまった。

 キュッリッキの気持ちを察し、2人は小さく頷いた。

「なら、お邪魔しちゃおっかな」

「ご相伴にあずかります」

 ファニーとハドリーは、ベルトルドにぺこりと頭を下げた。

「よし、ついてこい!」

 ベルトルドを先頭に、ぞろぞろと西へ向けて皆歩き始めた。

 喧騒が去り、波の音が耳に心地よく響く頃、鼻先を香ばしい匂いが掠め始めた。

「くんか、くんか……肉の焼ける匂い!」

 頭の後ろで両手を組み、退屈そうに歩いていたヴァルトがクワッと吠えた。

「俺様の肉~~~~!!」

 そして勢いよく走り出す。

「相変わらず一直線な子ネ。綺麗な顔なのに、ホントもったいないわあ」

 金髪を振り乱し駆けていく後ろ姿を見つめ、肩をすくめたリュリュは至極残念そうに呟く。

 顔と中身が一致しない、今に始まったことではない。

「オレも腹減った~」

「ボクも!」

 ヴァルトにつられたように、ライオン傭兵団も駆け足になる。

「俺も腹減っていたんだ。仕事終わってすぐこちらへ来たからな」

 お腹のあたりを摩りながら、ベルトルドも足を速めた。

「そうねン」

美人コンテスト編:episode575 つづく

フッター
関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply