片翼の召喚士-ReWork-:episode677

片翼の召喚士-ReWork-

 奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode677

「ホントにもう、あんたはマセガキなんだから! 10歳児のくせに、大人でも滅多にできないことをするんじゃないのっ」

 アルカネットのために身を引いたことを、サーラは見抜いていた。

 ぐわんぐわん脳天から痛みが押し寄せてくるが、ベルトルドは顔を上げてサーラを睨みつける。

「脳細胞が死滅する!」

「大丈夫よ、まだ若いんだから」

 小児科医の母親にサラッと言われて、ベルトルドは言葉に詰まる。

「イラナイ細胞を取り払って、必要な分だけ残ればいいのよ」

「医者の風上にも置けん発言を堂々と……」

「リューディアちゃんがあんたのお嫁さんなら、二つ返事でOKしたのに」

 これはサーラの本音である。

 幼馴染に恋を譲るなど、健気なことをしている息子を可愛いと思う反面、そこまでしなくてもと思う。何故なら、リューディア本人はベルトルドに気があると、サーラは気づいているからだ。

 ベルトルドはサーラから、フイッと顔を背けた。

「俺には、家族と同じくらい、アルカネットもディアも大事だ。リューも、おじさんたちやおばさんたちも大事だから、だから、わだかまりは作りたくない」

 真顔になり、正面にある飾り棚に並べられた写真立てを見つめる。

「選べないんだ。アルカネットか、ディアか。どちらかを選べば、きっと失ってしまうんだ。表面上は仲のいい幼馴染でも、きっと心に小さなわだかまりができて、それで歪んでしまうかもしれないから」

 ベルトルドはサイ《超能力》によって、あえて透視をおこなわなくても、他人の心が勝手に見えてしまう。流れ込んできてしまう。サイ《超能力》を抑制する装飾品を付けられる前も今も、容赦なく視えてしまうから。だから、ベルトルドは知っている。

 仲良しの他人同士が、実は小さなわだかまりを心の奥底に隠し持っていて、それを悟られないように、ペルソナをかぶって生きていることを。

 父も母も。おじさんもおばさんも。

 視えてしまうからこそ、避けたかった。そんなイヤなモヤモヤを抱えて、それを隠しながら、嘘をつきながら生きたくない。

 大人になれば、そんなものはいくつも抱えていくことになる。子供の今だけは綺麗なまま生きていけるけど、大人の世界に入れば、イヤでも沢山のイヤなものを持つようになる。

 それでも。

 大切なあの2人とは、永遠に純粋なまま、心の底から仲良しでいたい。

 そのためなら、無理に自分の恋を押し通さなくてもいい。

 アルカネットとリューディアが幸せになれば、それは自分にとって幸せなのだから。

「心配すんな! 俺には世界中の女が待っている! 美人も選り取りみどり、そこで新しい恋を見つけるぜ!」

 ディアだけが女じゃない! と、拳を掲げて力強く宣言したところで、サーラのゲンコツが再び脳天に炸裂した。

「息子を労われ母親……」

「いい、ベルトルド、これだけは言っておくわ」

 ベルトルドの小さな耳をつまみ上げ、サーラは口を近づけて囁くように言う。

「あんたがリクハルド二世なのは、母親のわたしがよぉーっく判ってる。だから注意しておくわね。いいこと、性病にだけは気をつけなさい。あんたが星の数の女とエッチなことをしても、わたしは咎めたりしない。けど、性病をもらってきた日には、親子の縁を切るから、それだけは一生心に刻んで励むことね」

 2人の様子をリビングの入口からこっそりと見ていたリクハルドは、がんばれ息子よ! と、心の中で我が子を応援していた。

奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode677 -つづく-

関連記事
オリジナル小説ファンタジー恋愛

Comments 0

Leave a reply