片翼の召喚士-ReWork-:episode680

片翼の召喚士-ReWork-

 奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode680

 シャシカラ島の小さな港にクルーザーが停泊すると、家につづく階段で、アルカネットが出迎えてくれた。

「みんなおかえり」

「よ、アルカネット」

「ただいま、アル」

 ベルトルドとリュリュは先に降りて、アルカネットとはしゃぎ合う。

「3人とも、早く宿題してきなさいね」

 クルーザーをロープでつなぎながら、リューディアが叫ぶ。

「はーい」

 ベルトルドが手を上げて応えると、3人は小走りに階段を上がっていった。

 ビーチで宿題を終えたベルトルドたちは、砂山崩しゲームを楽しんだあと、夕飯時間が近くなって家に戻っていった。

 3人の両親たちは、全て共働きである。しかし、緊急の仕事が入らない限りは、必ず両親とも夕方には揃って帰ってくる。子供がまだ小さいから、勤務時間の都合をつけてもらっているのだ。

 木で作られた小さな門の前に、リューディアが佇んでいた。

「ディア」

 ビーチから帰ってきたベルトルドが声をかけると、俯いていたリューディアは顔を上げて小さく微笑んだ。

「ちょっとだけ、話、いいかしら」

 やや遠慮がちに言うリューディアに、ベルトルドは迷いなく頷いた。

 門を開けて中に入り、庭を通ってプールまでくる。

 すでに陽は沈み、家屋から漏れる明かりが、暗い庭を柔らかく照らしていた。

 プールサイドに置かれたデッキチェアの一つに、ベルトルドは座って背もたれに身体を預ける。リューディアも隣のデッキチェアに座った。

「話って?」

 ぶっきらぼうに促すと、リューディアはちょっと困ったように顎をひいた。

 ベルトルドには、リューディアが何を聞きたいかよく判っていた。けれど、彼女が話し出すのをじっと待つ。

 数分ほど沈黙が続いたが、意を決したようにリューディアが口を開いた。

「あのね、………ベルは、ベルはわたしのこと、好き?」

「えっ」

 予想が外れて、ベルトルドはズリッとデッキチェアからずり落ちそうになった。てっきり、アルカネットの事件の真相を問われるかと思っていたのだ。

 そんなベルトルドにはお構いなしに、胸の前でそっと手を組んで、リューディアは続ける。青い瞳が、真っ直ぐベルトルドを見据えていた。

「気づいてるよね? わたしがベルのこと好きだ、って」

「そ、そりゃ、幼馴染だし、俺もディアが好きだよ」

 慌てるベルトルドに対し、リューディアは落ち着いていた。

「そういうんじゃなく、わたしに恋をしているか、ってことよ」

「俺は……」

 恋をしている。

 そう、口に出せたら。

 しかしベルトルドは、それを絶対口に出すまいと、心に誓っていた。

「してないよ」

「ウソつき……」

 沈んだ声で即答されて、ベルトルドはドキリとした。プールに向けるリューディアの横顔が、とても寂しそうに見える。それがベルトルドの心をざわつかせた。

「ねえ、なんでアルに遠慮しているの? 遠慮するようなことじゃ、ないじゃない」

 アルカネットに遠慮している、そう、リューディアは思っていた。それで、どこか責めるような口調になる。

「遠慮なんかじゃない…」

 ベルトルドは膝を抱えると、少し俯いて目を伏せた。

 本当の想いを話さないと、リューディアは納得できないだろう。しかし、話してもきっと、納得したくはないだろうな、とも思っていた。

「………今から話すこと、ディアと俺との秘密にしてくれる?」

奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode680 -つづく-

関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply