片翼の召喚士-ReWork-:episode681

片翼の召喚士-ReWork-

 奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode681

 ちらりとベルトルドに目を向けられて、リューディアはこくりと頷いた。

 ベルトルドは散々躊躇ったあと、小さな声で話し始めた。

「俺が5歳の時、母さん、流産したんだ」

 リューディアは驚いたように目を見開いた。それは初耳である。

「でも、母さんは自分が子供が出来てたことに気づいてなくて、流産した時に初めて知ったんだ。だから、とっても悲しんで悲しんで、いっぱい泣いてた」

 仕事が忙しい、忙しいと言っていた母親の姿を思い出す。当時、ゼイルストラ所有の海上石油工場で大きな事故があり、たくさんの人が怪我をして、病院は大忙しだと言っていた。小児科医のサーラもかりだされ、いつも遅くまで働いていた。

 その疲労が祟ったのが原因だと、ベルトルドは思っている。

 その頃リクハルドもまた、自身の仕事に忙殺されていた。アーナンド島のホテルのオーナーシェフとして抜擢されて、あまりの目まぐるしい日々に、妻の身体の不調に気づいてやれなかった。

 謝る事しかできなくてゴメン、とリクハルドは泣きながらサーラを慰めていた。

 流産したことを、両親は幼いベルトルドには話していない。しかし、ベルトルドはサイ《超能力》によって、全てのことを把握したのだ。そのことに両親は気づいていなかった。

 リビングの入口で2人の様子をそっと覗き見ていたベルトルドは、顔を見ることが叶わなかった弟を、心から痛ましく思って涙を流した。この不運な事故は、けっして両親のせいではないと、幼いながらも理解していた。

「弟だったの?」

「俺さ、母さんのお腹に子供が出来てたこと知ってたんだ。その子は弟だってことも判ってた」

 てっきり、父母共に弟のことを知っているとばかり思っていた。だから、ベルトルドは言っていない。死んでしまった赤ちゃんは、男の子だったと。言えば母はもっと悲しむから。

「俺に弟が生まれる、て判って、俺すっごく嬉しかった。楽しみだった。だから、死んじゃったことが悲しくて、ビーチで一人泣いてたんだ。そしたらさ、いつの間にかアルカネットが隣に座ってたんだ」

 何も言わず、ただ、寄り添うように隣にアルカネットが座っていた。

 弟を失って、世界中でひとりぼっちになったような、そんな悲しい気分に包まれていたから、アルカネットが寄り添って一緒に居てくれて、ベルトルドは嬉しかった。

 ――俺の弟が、死んじゃったんだ。

 ぐすぐすと泣きながら呟いた。

 ――いっしょに遊びたかった。

 小さな小さな命が、母のおなかの中で少しずつ育っていく様子を、幼いベルトルドはハッキリと視ていた。

 だから、いなくなってしまって、本当に悲しかった。

 ――ボクが、ベルトルドのおとうとになってあげる。

 無邪気な笑顔で、アルカネットがそう言った。

 ――今日からベルトルドは、ボクのおにいちゃんで、ボクはベルトルドのおとうと。

 今のアルカネットは、そんなことはきっと忘れているだろう。だけど、ベルトルドにとって、アルカネットのその言葉は、何よりも救いだった。

 失いかけた守るべき存在を、アルカネットが与えてくれたからだ。

 その日から、ベルトルドにとって、アルカネットはかけがえのない”おとうと”になった。大切で、守るべき存在に。

 自分の恋を諦めてもいいくらいに。

 遠慮とかそんなことではない。アルカネットが望むなら、なんでも叶えてやりたかった。だから、アルカネットが幸せになれば、それは自分にとっての幸せなのだ。

「でも、でも、だからって……」

 ベルトルドの気持ちは理解出来なくはない。しかし、それで本当に恋を諦められるものなのか、リューディアは納得できなかった。

(ベルトルドがそれでよくっても、わたしの気持ちはどうなるの?)

奪われしもの編 彼女が遺した空への想い:episode681 -つづく-

関連記事
オリジナルファンタジー小説恋愛

Comments 0

Leave a reply