片翼の召喚士-sequel-:おかあさんになってみようかな

  • ハワドウレ皇国元副宰相ベルトルドとの死闘から早一ヶ月、皇都イララクスは復興の只中で、ライオン傭兵団はキュッリッキの邸(やしき)に居候して過ごしていた。 ベルトルドの深い愛と優しさにより、キュッリッキは失っていた翼を取り戻す。そして今は、最愛のメルヴィンと共に静かな時を過ごしていた。

  • キュッリッキとライオン傭兵団の後日談、そして12年後の彼らの様子を綴っていく、召喚士キュッリッキのハードスペクタクル恋愛ファンタジー

  • キュッリッキ

    キュッリッキ(19)

    スキル〈才能〉:召喚・Overランク、アイオン族

    一人称:アタシ。レア中のレアとされる召喚スキル〈才能〉を持つが、真の名称はアルケラの巫女。

    多くの苦労を重ね、ベルトルドやライオン傭兵団と出会い、短期間に数多くの試練をくぐり抜け、失っていた片翼を取り戻し、最愛のメルヴィンと結ばれた。本作の主人公。

  • その他の『登場人物紹介はこちら』

スモーキングルーム

片翼の召喚士のリュリュはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
リュリュ

小娘ったら、オトナになったわねえ

片翼の召喚士のシ・アティウスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シ・アティウス

まだまだ危なっかしそうだがな

片翼の召喚士のリュリュはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
リュリュ

そうなのよ。でも、ベル達の死が、あのコの心を大きく成長させたんだわ

片翼の召喚士のシ・アティウスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シ・アティウス

例のメモ帳を見せたのだろう?

片翼の召喚士のリュリュはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
リュリュ

ふふ、アレは効果覿面だったわぁ~

片翼の召喚士のシ・アティウスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シ・アティウス

どの手帳を見せたんだ?

片翼の召喚士のリュリュはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
リュリュ

小娘を励ましてる内容のよ。片方の翼がなくても、強く生きていけるように。そんな内容だったかしら

片翼の召喚士のシ・アティウスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シ・アティウス

……ルーファスから聞いた話だと、キュッリッキ嬢と一発ヤりたい、といった内容だったらしいが……

片翼の召喚士のリュリュはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
リュリュ

えっ!?

後日談編:おかあさんになってみようかな

「オレは、リッキーにオレの子供を産んで欲しい。その気持ちは、今も変わりません」

 穏やかに話し始めたメルヴィンを、キュッリッキは黙って見上げる。

「片翼で生まれてきたリッキーが、自分が産む子供に、万が一の不安があるのも判りました。そして、損なった子供が生まれてきたとき、子供が嫌な思いを味わわないか心配していることも」

 目の前の赤ん坊を見つめながら、メルヴィンは表情を変えることなく続けた。

「本当なら、リッキーの気持ちを尊重して、子供は諦めようって言わなきゃいけないんだろうけど。でも、それはちょっと違うような気がするんです」

「……」

「オレはリッキーの全てを受け入れて、未来を進んでいきたい。辛かった過去も、思いも全て。――覚えていますか? イフーメの森でオレの言ったこと」

 お互い告白をして、結ばれた思い出の場所。

「オレはヴィプネン族なので、翼のあるなしがどれほど重いことなのかは判りません。でも、片腕がなかったら、片足がなかったら、そう考えると察することはできます。そして、一緒にそのことを乗り越えたいと思います。リッキーさんが片翼でも、そのことで嫌ったりすることは、けっしてありません。――そう、オレは言いました」

「うん、覚えてる」

「あの時の言葉に嘘偽りはありません。今もそう思い続けています。失っていた片翼が戻った今も、傷つきすぎたあなたの心を癒したいと思います。そして、万が一生まれた子供に損なった部分があったとしても、オレは大事に育て、愛していきたい」

「メルヴィン…」

「オレは男だから、子を宿す女性がどんな気持ちでいるかは、正直判りません。想像することの半分も理解できていないでしょう。でも、オレに出来ること全てをかけて、リッキーを守っていきたいし、生まれた子供も愛していきたい」

 メルヴィンはキュッリッキの傍らに跪き、そして手を取った。

「どうか、オレの子供を産んでくれませんか?」

 見上げてくるメルヴィンを見つめ、そして目だけを新生児室へと向ける。

 愛するメルヴィンの願いでも、キュッリッキの心には迷いが残っていた。

 修道院で同族から向けられた、蔑みの眼差し。まるで生きていてはいけないと思ってしまうほど、片翼を責めるような言動。

 その片翼のために、生まれ落ちてすぐ実の両親から拒否され捨てられた。その事実を隠されることなく、突きつけられてきた日々。

 そんな簡単に消せるほど、軽い思い出ではないのだ。

 しかし、目の前のあかちゃん達を見ていると、心底愛おしくなってくる。

 素晴らしい男性であるメルヴィンと、未熟で欠陥品の自分。どんなあかちゃんが生まれてくるんだろう。

 こんな自分が、新しい命を生み出して許されるんだろうか。

 生まれてきた命は、どんな姿をしているのだろう。ダメな自分に、微笑んでくれるだろうか。

 いつの間にか、興味が尽きないでいた。

「あかちゃん、あんなに小さくて、とっても可愛いと思う」

「はい」

「顔はおさるさんみたいだけど、ぷにぷにしてて、抱っこしてみたい」

「そうですね」

「……今でもまだ、いっぱい不安だし、怖いけど…。でも、メルヴィン支えてくれる? 励ましてくれる?」

「もちろんです」

 メルヴィンが握ってくれる手を、気持ちを込めて強く握り返した。

 勇気を出して、一歩、踏み出してみよう。

「じゃあ、アタシも、おかあさんになってみようかな」

「リッキー」

 感極まった表情でメルヴィンは立ち上がると、はにかむような顔をするキュッリッキを強く抱きしめる。勇気を出して決心してくれたことに、メルヴィンは心から喜んだ。

「ありがとう、リッキー」

 手をつないで戻ってきたメルヴィンとキュッリッキを見て、ソファに座っていたヴィヒトリは腰を上げた。アリサも気づいて立ち上がる。

「決心はついたみたいだね、キュッリッキちゃん」

 キュッリッキは小さく頷く。

「自信はないけど、頑張ってみることにしたの」

「大丈夫だよ。ボクもついてるし、メルヴィンもいるしね」

「私もいますよ。よくご決心なされましたね、お嬢様」

「うん。アリサも助けてね?」

「もちろんでございますよ。しっかりお世話させていただきます」

 にっこり微笑むアリサに、ようやく柔らかい笑みを浮かべた。

「せっかくハーメンリンナに来ましたし、どこか寄っていきますか?」

 キュッリッキは首を横に振ろうとして、ふと気づいたように動きを止めた。

「リュリュさんに会っていきたい。婚約したことと、あかちゃん産むんだって報告したいの」

「そういえば、婚約した連絡をするの、忘れてましたね…」

「オイオイ、リュリュさんは後見人だろう…」

 ヴィヒトリのツッコミに、メルヴィンはあたふたと後頭部を掻く。

「あのオカマは忙しそうだから、宰相府で所在を確認して、連絡入れてから行ったほうがイイヨん」

「ですね。電話かけてきます。リッキーはちょっと待っててください」

「はーい」

 リュリュはアルケラ研究機関ケレヴィルの本部にいるそうで、2人が来るのを待っていてくれるということだった。

 病院を辞して自動車で移動し、すぐケレヴィル本部の地下通路へと到着した。

「ようこそ、お待ちしておりました」

 まだ若いハンサムな青年が、手ずからドアを開けて出迎えてくれた。パウリ大佐ではない。

 誰だろう、という3人の視線を感じ、青年は小さく笑む。

「申し遅れました。リュリュ様の秘書を務めさせていただいております、パール=エーリクと申します」

 優雅な一礼に、3人もかしこまって頭を下げた。

(リュリュさんの好みって判りやすい…)

 メルヴィンは内心でひっそりとため息をついた。

 以前モナルダ大陸を移動していた時に乗った汽車に、リュリュの配備したダエヴァの軍人たちがいたが、どれもとってつけたように甘いマスクの、ホストみたいなハンサムたちだった。

 しかしリュリュは顔だけでなく、実力ある者をしっかり選んでいる。

「パウリさんじゃないんだね。クビになっちゃったの?」

「いえいえ、違いますよお嬢様。彼は別の責任ある長に就いたので、私が新たに秘書になりました」

「そうなんだね」

「さ、リュリュ様がお待ちです。参りましょう」

 ベルトルド達と死闘を繰り広げ、宇宙からこのケレヴィル本部に帰還してもう2ヶ月経つ。キュッリッキは懐かしいものでも見るように、通された応接室をくるくる見回した。

「いらっしゃい小娘たち。なにかお話があるんですって?」

 リュリュとパール=エーリク、そしてシ・アティウスが応接室に入ってきた」

 キュッリッキは待ちかねたように立ち上がり、左手を突きつけた。

「見て! メルヴィンが買ってくれたんだよ」

 左手の薬指にハマる指輪。室内の明かりを弾いてキラキラ煌く。

「ンまっ、バーリグレーンの婚約指輪じゃない! コレ、とっても高いのよっ」

 リュリュは垂れ目を大きく見開き、指輪に食いつきそうにまくし立てた。

「おめでとうございます、キュッリッキ嬢、メルヴィン」

 リュリュの肩ごしに指輪を見て、シ・アティウスは笑みを口元に浮かべて祝した。

「ありがとうございます」

「えへへ、ありがとう」

「随分と張り切ったわねメルヴィン。ようやくケジメをつけたわけねン。これで、一安心ってところかしら。おめでとう2人とも」

「報告がちょっと遅れましたが、婚約済ませました」

「来週はね、メルヴィンの実家へ報告に行くんだよ」

「あらあ、ついに親に引き合わせるのネ」

「はい」

「小娘いいコト? メルヴィンのご両親の前に行ったら、床に正座して、こう、三つ指立てて「ふつつかな嫁ですが」ってご挨拶するのよ」

「まだ、結婚してないのに嫁なのか?」

 ボソリと後ろでシ・アティウスがツッコむ。

「どーせもう嫁みたいなもんでしょ。嫁でイイワヨ」

「そうなのか…」

「い、いえ、そんな挨拶はしなくていいですリッキー…」

 すでに足元で練習を開始しているキュッリッキに、メルヴィンは疲れたように言った。

-つづく-


ユズキのファンタジー工房

あとがき

当初はブログ掲載はナシにしようと開始しましたが、諸々考え直して、ブログ内掲載もしていくように変更します。予告用に作った記事は、再編集して小説も加えて再投稿していきます。よろしくお願いします。


初出:2019/07/13

記事再編集:2019/12/11

ユズキのファンタジー工房:オリジナル創作ブログ

管理人:ユズキ

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-sequel-】目次ページ(続編)

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-ReWork-】目次ページ(完結済み)

●冒険ファンタジー小説【アストリッド様と「行くわよ愉快な下僕たち!」】目次ページ

●冒険ファンタジー漫画【アストリッド様と行くわよ愉快な下僕たち!】目次ページ

オリジナルイラスト一覧(2014-2017作)

オリジナルイラスト一覧2(2018-2019作)

MALENA BOX(フリーイラスト素材専用ブログ)

●更新お報せはTwitteでも流しています:https://twitter.com/Kpotelon

●ランキング参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 

関連記事
オリジナルファンタジーファンタジー小説恋愛小説恋愛小説ハイファンタジー

Comments 0

Leave a reply