ユズキのファンタジー工房

ARTICLE PAGE

片翼の召喚士-sequel-:歓迎会

  • ハワドウレ皇国元副宰相ベルトルドとの死闘から早一ヶ月、皇都イララクスは復興の只中で、ライオン傭兵団はキュッリッキの邸(やしき)に居候して過ごしていた。 ベルトルドの深い愛と優しさにより、キュッリッキは失っていた翼を取り戻す。そして今は、最愛のメルヴィンと共に静かな時を過ごしていた。

  • キュッリッキとライオン傭兵団の後日談、そして12年後の彼らの様子を綴っていく、召喚士キュッリッキのハードスペクタクル恋愛ファンタジー

  • キュッリッキ

    キュッリッキ(19)

    スキル〈才能〉:召喚・Overランク、アイオン族

    一人称:アタシ。レア中のレアとされる召喚スキル〈才能〉を持つが、真の名称はアルケラの巫女。

    多くの苦労を重ね、ベルトルドやライオン傭兵団と出会い、短期間に数多くの試練をくぐり抜け、失っていた片翼を取り戻し、最愛のメルヴィンと結ばれた。本作の主人公。

  • その他の『登場人物紹介はこちら』

スモーキングルーム

片翼の召喚士のシビルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シビル

マリオンさん、最近外出多いですね。デートですか?

片翼の召喚士のマリオンはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
マリオン

そぉなのよお~。パウリのやつが、なあんかしきりに誘ってくるのよねえ~

片翼の召喚士のシビルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シビル

一度自然消滅してたんですっけ? ヨリが戻ったんですね

片翼の召喚士のマリオンはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
マリオン

こないだのファニーちゃんたちの結婚式で、スイッチ入っちゃったっぽいのよぉ。アタシまだあ、自由でいたんだケドぉ

片翼の召喚士のルーファスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ルーファス

結婚しても自由にしてていいんでしょ?

片翼の召喚士のマリオンはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
マリオン

まあ、そーなんだけどもぉ…

片翼の召喚士のカーティスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
カーティス

結婚すると、何かと束縛はされますよね。自由でいるつもりで、結局束縛されてる、という感じですよ

片翼の召喚士のヴァルトはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ヴァルト

現役ケーケンシャは語ってるナ!

片翼の召喚士のカーティスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
カーティス

トホホ…(T▽T)

片翼の召喚士のマリオンはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
マリオン

まー……そのウチにネ☆

後日談編:歓迎会

「はい、メルヴィン兄さま。兄さまの大好きなものばかり作ったのよ」

「ありがとう。さすが料理スキル〈才能〉だね。どれも美味しそうだ」

 エルシーから料理の皿を受け取り、メルヴィンはにっこりと微笑んだ。2人の様子に、キュッリッキはつまんなそうに片頬を膨らませた。

 キュッリッキの表情に目敏く気づき、ハリエットは手ずから料理を取り皿によそい、キュッリッキの前に置く。

「さあさあ、沢山食べてね。とっても美味しいわよ」

「ありがとう~」

 普段の倍以上――キュッリッキからしてみたら――盛られた皿だが、キュッリッキは怯まず果敢に食べ始めた。何せ義母になる人からのすすめである。

「あれ、箸使えるようになったんだリッキー」

 感心したようにメルヴィンに言われて、キュッリッキは得意げに胸を張る。

「いっぱい練習したんだよ」

 メルヴィンの祖国では箸を使うと温泉旅行の時に知ってから、こっそりと隠れて練習していたのだった。

「あら、箸の使い方を知らなかっただなんて…」

 エルシーが皮肉げにボソリと言うと、キュッリッキはムッとエルシーを睨みつけた。

「箸なんて、この国とコケマキ・カウプンキくらいしか使わないですしね」

 メルヴィンがやんわりと言い、エルシーはツンっとそっぽを向いた。

「まあメルヴィン、コケマキ・カウプンキに行ったことがあるの?」

「温泉旅行に行きましたよ」

「あの有名なケウルーレに行けたの!? イイわねえ、傭兵って」

「リッキーが美人コンテストで優勝してくれたおかげです」

「それは凄いわねえ」

「えへへ」

「我が家は美しい花が増えて悩ましいな」

 盃を傾けながらアリスターがにこやかに述べると、

「見かけだけ増えてもね…」

 エルシーのキツイ一言が炸裂した。

 ストレートの長い黒髪に、やや細いキリっとした目には藍色の瞳がはめ込まれ、赤くひいた口紅が艶やかなアクセントになっていて美しい。

 キュッリッキとは対照的な美貌だった。

「ホラホラ、お酒もどんどん飲んでちょうだい」

 静かに白熱しかかる場に焦り、ハリエットはキュッリッキの盃にお酒を注ぐと、手振りですすめまくった。

 無言でエルシーを睨みつけていたキュッリッキは、すすめられるまま酒をドンドン飲み干していく。

「ちょっとリッキー、そんなに飲んだら」

「こんくらいだいひょーふらもん…」

 ヒックとシャクリ上げ、すでに目は座っていて呂律も怪しい。

「これ度数高いですよ。母上、すすめすぎです…」

「あら…つい…」

「リッキーは普段あまり食べないし、酒も飲まないから」

「それでそんなガリガリなのね」

「キュッリッキさんはアイオン族なんだそうよ」

「ああ、撃沈しちゃった」

 椅子からずり落ちそうになるキュッリッキを、メルヴィンは慌てて抱きとめた。

「お酒弱かったのね…、ごめんなさいキュッリッキさん」

「朝からずっと緊張していたから、余計酔いが回るのが早かったのかな」

 体重を感じさせないほどの軽い身体を腕に抱き、メルヴィンは苦笑する。

「翌朝まで眠ってそうかな」

「客間を整えてあるから、客間を使ってもらって」

「いえ、初めてきたところに一人で寝かせるのは可哀想だから、オレの部屋で寝てもらいます」

「寝台の広さは大丈夫かしら?」

「ダブルベッドくらいはありましたよね。リッキーは細いし大丈夫です」

「そう。なら、そうしてちょうだい」

「はい」

「彼女を寝かせたら、戻ってきなさい。色々話したいし」

「判りました」

 メルヴィンはにっこり微笑むと、キュッリッキを抱いて食堂を出て行った。

「ああ…、疲れたわ…」

「うむ…」

 食事会が済むと、片付けはエルシーとメルヴィンに任せ、アリスターとハリエットは自室に戻り、椅子に座り込んで卓上に突っ伏した。

「予想して覚悟はしていましたけど、実際目の当たりにすると疲れるわねえ…あの三角関係な空気の重み」

「だいたい、メルヴィンが”恋愛方面にだけは激鈍”なのが問題なのだ。事態をさっぱり飲み込んでおらん…」

「我が息子ながら、呆れますわ。15年も経っていて、全然学んでいないなんて」

 ハリエットは尾が引きそうなほどの、長いため息をついた。

 メルヴィンを巡り、エルシーとキュッリッキの火花が散りまくりの凄い状態だった。そんな中、メルヴィンだけが全く気づいていない。

「エルシーを引き取った時、あまりにも可愛がっていたから、てっきり結婚対象に見ているんだと思っていたのに……。妹のように接しても、女としては全く見ていなかったのね…」

 身寄りをなくして引き取った時、エルシーは3歳だった。

 エルシーはメルヴィンを兄以上に慕い、結婚したいと考えていることは判っていた。数多く寄せられる縁談も、全て蹴っていたからだ。

「身贔屓でエルシーの願いを叶えてやりたいが、あの愚息がすでに自分で伴侶を決めて連れてきてしまったからなあ。それを受け入れるしかあるまいて。激鈍のくせにちゃっかりしとる…」

「そうですわね。――キュッリッキさん、年齢の割に幼そうなところはあるけれど、素直な良い子ですわ。それに凄い美人」

「中々に壮絶な過去を生きてきているわりに、荒んだところが見当たらないな」

 キュッリッキを寝かしつけて戻ってきたメルヴィンから、キュッリッキの悲愴な過去を聞かされた。

「胸が締め付けられる悲惨さね…」

「愚息が心の支えになったのだな」

「ええ」

「我々の娘になるのか」

 感慨深げに呟いたアリスターの顔を見たハリエットは、

「あなた、鼻の下が伸びてましてよ」

 そう、冷静にツッコんだ。

「ぬ…」

 アリスターは慌てて表情を取り繕う。

「孫の顔が楽しみね」

-つづく-


ユズキのファンタジー工房

あとがき

当初はブログ掲載はナシにしようと開始しましたが、諸々考え直して、ブログ内掲載もしていくように変更します。予告用に作った記事は、再編集して小説も加えて再投稿していきます。よろしくお願いします。


初出:2019/07/22

記事再編集:2019/12/12

ユズキのファンタジー工房:オリジナル創作ブログ

管理人:ユズキ

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-sequel-】目次ページ(続編)

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-ReWork-】目次ページ(完結済み)

●冒険ファンタジー小説【アストリッド様と「行くわよ愉快な下僕たち!」】目次ページ

●冒険ファンタジー漫画【アストリッド様と行くわよ愉快な下僕たち!】目次ページ

オリジナルイラスト一覧(2014-2017作)

オリジナルイラスト一覧2(2018-2019作)

MALENA BOX(フリーイラスト素材専用ブログ)

●更新お報せはTwitteでも流しています:https://twitter.com/Kpotelon

●ランキング参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 

関連記事

0 Comments

Post a comment