ユズキのファンタジー工房

ARTICLE PAGE

片翼の召喚士-sequel-:アタシだけを見てね

  • ハワドウレ皇国元副宰相ベルトルドとの死闘から早一ヶ月、皇都イララクスは復興の只中で、ライオン傭兵団はキュッリッキの邸(やしき)に居候して過ごしていた。 ベルトルドの深い愛と優しさにより、キュッリッキは失っていた翼を取り戻す。そして今は、最愛のメルヴィンと共に静かな時を過ごしていた。

  • キュッリッキとライオン傭兵団の後日談、そして12年後の彼らの様子を綴っていく、召喚士キュッリッキのハードスペクタクル恋愛ファンタジー

  • キュッリッキ

    キュッリッキ(19)

    スキル〈才能〉:召喚・Overランク、アイオン族

    一人称:アタシ。レア中のレアとされる召喚スキル〈才能〉を持つが、真の名称はアルケラの巫女。

    多くの苦労を重ね、ベルトルドやライオン傭兵団と出会い、短期間に数多くの試練をくぐり抜け、失っていた片翼を取り戻し、最愛のメルヴィンと結ばれた。本作の主人公。

  • その他の『登場人物紹介はこちら』

スモーキングルーム

片翼の召喚士のギャリーはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ギャリー

おーおー、毎日あちぃよなあ…オィ

片翼の召喚士のシビルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
シビル

毛皮だけ脱ぎたくなります…氷魔法万歳ですよ(;´Д`)

片翼の召喚士のハーマンはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ハーマン

ガエルますます無口になるよね夏は

片翼の召喚士のガエルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ガエル

……氷切らすなよ

片翼の召喚士のブルニタルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルニタル

私とペルラの部屋にもお願いします……

片翼の召喚士のブルーベル総帥はユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルーベル総帥

今日も暑いですねえ皆さん

片翼の召喚士のタルコットはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
タルコット

(;゚Д゚)!ゲッ、将軍!? なんでここに…

片翼の召喚士のカーティスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
カーティス

今はもう軍総帥でいらっしゃいますよ。将軍職は別の方に…

片翼の召喚士のブルーベル総帥はユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルーベル総帥

お嬢さんが見えませんねえ。どこかお出かけかな?

片翼の召喚士のカーティスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
カーティス

メルヴィンの実家へ婚約の報告へ行っています

片翼の召喚士のブルーベル総帥はユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルーベル総帥

おやおやそうでしたか(^ω^)

片翼の召喚士のカーティスはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
カーティス

今日はどのようなご要件で……?

片翼の召喚士のブルーベル総帥はユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルーベル総帥

身体を鈍らせていると聞いて、軍でアルバイトなど如何かなとお誘いに来たんですよ。まあそのついでに、お嬢さんの様子でも伺っておこうかと

片翼の召喚士のヴァルトはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ヴァルト

乗ったぜソレ!!

片翼の召喚士のガエルはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ガエル

俺もその話乗ろう

片翼の召喚士のタルコットはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
タルコット

ボクも乗る!

片翼の召喚士のギャリーはユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ギャリー

シゴキは得意だぜ

片翼の召喚士のブルーベル総帥はユズキのファンタジー工房オリジナル小説のキャラクター
ブルーベル総帥

期待していますよ(^ω^)

後日談編:アタシだけを見てね

 キュッリッキは目を覚ますと、重い瞼を擦った。

「……あれぇ」

 記憶が定かではなく、見上げる天井は見慣れない。暫く視線を泳がせていると、隣にメルヴィンが寝ている。

 身体をメルヴィンの方へ傾けると、こちらに顔を向けているメルヴィンの顔をジッと見つめた。

(メルヴィンの寝顔、きれい)

 ハンサムで綺麗で、それでいて男らしい凛々しさがある。

 戦闘の時、武器を構えて敵を見据える表情は、キリッとしていて見蕩れてしまう。でも、自分に向けてくる表情はどこまでも優しく、それが嬉しくてしょうがない。

 段々と昨日会ったエルシーのことを思い出し、キュッリッキはムッと頬を膨らませた。

(アタシの知らないメルヴィンを知ってる女。兄さま、なんて親しげに呼んだりして、なんか気に入らないかも)

 メルヴィンもエルシーに親しげな表情を向けるのだ。それはとても不安になった。

(メルヴィンはアタシだけのものなんだよ、アタシだけのものだもん!)

 家族というものを知らないキュッリッキにとって、メルヴィンの両親とエルシーは違和感の何者でもない。ようやくライオン傭兵団を家族と認識してきたばかりだ。

 これから自分もあの中に加わることになる。でも、まだ素直に受け入れられない。

 キュッリッキは身体を起こし、メルヴィンの胸に顔をうずめた。

(メルヴィン大好き! アタシだけを見ててね、絶対アタシだけを見てね!)

 昨日感じたモヤモヤを打ち消すように、心の中で必死に訴える。エルシーではなく、自分だけを見て欲しいと。

「おはよう、リッキー」

 キュッリッキは顔を上げると、優しく微笑むメルヴィンの目と合う。

「メルヴィン」

 小さく名を呟き身体をずり上げると、自らメルヴィンにキスをした。

 突然のことにびっくりしたメルヴィンは、目を瞬かせると、キュッリッキの身体に腕を回し強く抱きしめた。

「どうしたんですか? とっても嬉しいけど」

「メルヴィンはアタシだけのものだよね?」

「はい」

「アタシだけを見てね」

「はい」

「絶対だよ」

 不安げな顔で見てくるキュッリッキを安心させようと、頭を優しく撫でた。

「信じてください」

「うん…」

「昨日は無理にお酒を沢山飲ませてしまってすみません。頭は痛くないですか?」

「痛くないよ」

「よかった」

「アタシ、酔いつぶれちゃったの?」

「ええ」

 すすめられるままムキになって飲みまくっていたことは、覚えていないようだ。

「あーあ…いきなり醜態晒しちゃった……。なんか、幻滅されちゃったかも」

「そんなことありませんよ。とっても気に入ってくれたようだし、オレたちの結婚に反対もしてません」

「ホント?」

「はい、本当です」

「よかったの…」

 安堵してメルヴィンの胸に頬を押し付けた。

「リッキーが結婚するのはオレなんだから、あまり気にしなくていいんですよ。いつものリッキーでいてくれれば」

「うん…」

 メルヴィンと結婚すれば、メルヴィンの家族とも繋がりを持つ。住む国は違えど、エグザイル・システムを使えばすぐの距離だ。

 ライオン傭兵団以外で、キュッリッキにとって最も身近な存在になる人たち。

 嬉しいというより、正直、気が重いのだ。

「これから時間はたくさんあります。ゆっくり馴染んでいきましょう」

「うん、そうだね」

 これからメルヴィンと一緒に築いていく未来は、まだスタート地点に立ったばかりだ。メルヴィンの家族のことも、これから歩んでいく未来の一つに過ぎない。

 もう独りじゃない。メルヴィンという最愛の伴侶と共に、未来へ向かうのだ。

 マイペースで受け入れていけるよう、キュッリッキは心の中で目標の一つに刻んだ。

 2人は着替えて食堂へ降りていくと、ハリエットだけが席についてお茶を飲んでいた。

「おはようございます母上。父上とエルシーは?」

「おはようメルヴィン、キュッリッキさん。――具合はどう? ごめんなさいね、あんなにお酒を飲ませるなんて」

「大丈夫なの」

 やや緊張した面持ちで、キュッリッキは俯いた。

「お父さんは道場で弟子たちと朝の訓練中。エルシーは弟子たちの朝ごはんを作りに行っているわ」

「そっかあ、エルシー大変だね」

「とても助かっているわ。料理スキル〈才能〉持ちだし、みんなエルシーの料理を喜んでるのよ」

「うん、昨日の料理美味しかったです」

「私たちの朝ごはんも用意して行ってくれてるわ。キュッリッキさん、お腹すいてる?」

「…えっと」

 全然すいてないが、無理して食べたほうがいいのかキュッリッキは迷って言葉を濁らせた。

「粥なら大丈夫だと思うの。一口だけでもどうかしら」

「はい」

「すぐ持ってくるわね。メルヴィンは普通に食べるでしょ?」

「ええ」

 メルヴィンに席をすすめられて座りつつ、

(こういう時は、お手伝いに行ったほうがいいのかな…)

 何せ、近い将来メルヴィンの嫁になるのだ。

 キュッリッキがソワソワしているのを見て、メルヴィンは「ぷっ」と吹き出した。

「運ぶのを、お手伝いしてきてください」

「う、うん!」

 跳ねるように椅子から立つと、キュッリッキは脱兎のごとく台所に消えていった。

-つづく-


ユズキのファンタジー工房

あとがき

ページの再編集は、この回で終わりです。次回から数話ほどブログでは未掲載だったぶんを更新していって、新作をSNSとブログと同時更新にしていきます。よろしくお願いします。


初出:2019/08/10

記事再編集:2019/12/12

ユズキのファンタジー工房:オリジナル創作ブログ

管理人:ユズキ

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-sequel-】目次ページ(続編)

●恋愛ファンタジー小説【片翼の召喚士-ReWork-】目次ページ(完結済み)

●冒険ファンタジー小説【アストリッド様と「行くわよ愉快な下僕たち!」】目次ページ

●冒険ファンタジー漫画【アストリッド様と行くわよ愉快な下僕たち!】目次ページ

オリジナルイラスト一覧(2014-2017作)

オリジナルイラスト一覧2(2018-2019作)

MALENA BOX(フリーイラスト素材専用ブログ)

●更新お報せはTwitteでも流しています:https://twitter.com/Kpotelon

●ランキング参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 

関連記事

0 Comments

Post a comment