ALCHERA-片翼の召喚士- 080 第六章:勇気と決断 「ただいま」

6章終わりです。

次回から7章ですが、特別小咄(番外編)を書くか、もう本編に入ってしまうかまだ考え中です。先に、キリ番リクエスト絵を描いてから、小説の方になります。

どうしても自分の中で思い描く6章を崩したくなかったので、リクエスター様たちの作品を読んで影響されるのがイヤだったのもあって、後回しにさせていただきました。


わたしのズボラな性格で、まあよくここまで書きましたね(・ω・)

キュッリッキさんとメルヴィンも、めでたく恋人同士になりましたし、まずはハッピーです。そして、7章から御大には悪代官になってもらいます(笑) おっさん4人組の悪巧みが、ついに表面化します。なのでちょっと書きたくない・・・。

6章までにばら撒いた伏線を、ドンドコ回収していく感じになります。

まだ【ALCHERA-片翼の召喚士-】読んだことないよ~ってかたも、今のうちに読んでいただけると嬉しかったりたり!





ALCHERA-片翼の召喚士-
第六章 勇気と決断 「ただいま」 080



「一生お別れするわけじゃないんだからあ……」

「俺にとっては、一生別れるようなものだ!!」

 ベルトルドはキュッリッキをぎゅっぎゅっと抱きしめ、これでもかこれでもかと頬ずりする。そしてこれでもかこれでもかと、キュッリッキの頬にキスの雨を降らせた。

「毎週水曜の19時には、テレビ観に遊びに来るってば」

「泊りがけ?」

「泊まっていってもイイケド」

 テレビ放送は現在ハーメンリンナのテレビを持つ家屋敷と、イララクス内の公共機関にあるテレビでしか観られない。あまり一般人には馴染みのないものである。そのテレビ放送で毎週水曜日に『美魔女っ子騎士カトリーナ』というドラマがあり、これにキュッリッキは激ハマりしていた。一人の美少女が魔法で騎士に変身して悪者と戦うもので、出演の女優は魔法スキル〈才能〉を持っているため、本格的な魔法バトルのシーンなどが見所だ。変身シーンが出てくると、テレビの前で一緒にポーズを取るほどキュッリッキは大好きなのである。

「毎週水曜しか会えないのかああ!」

「いつまでリッキーさんを抱きしめているんですか! 早くどいてください」

 キュッリッキを独占し続けるベルトルドに、アルカネットがキレる寸前の表情で睨みつけていた。

「俺のリッキーだから、名残惜しんでいるんだ!」

「誰があなたのですか! いい加減放しなさい」

 我慢しきれず、アルカネットはベルトルドの首を本気で絞め上げた。

「し……死ぬ……」

「ドケこら」

「………」

 今日はキュッリッキがエルダー街のアジトへ帰ってしまう。

 ベルトルドとアルカネットは出仕の時間だが、見送りに出てきたキュッリッキを、名残惜しみまくっているのである。

「旦那様がた、そろそろお出にならないと、本当に遅刻なさいますよ」

 涼しい表情(かお)でリトヴァに言われて、ベルトルドとアルカネットは半べそな表情を浮かべた。

「りっきぃ……」

「いってらっしゃい!」

「早くお行きにならないと、リュリュ様が飛んできますよ?」

「うっ…」

 ベルトルドの顔が真っ青になり、不承不承の体でキュッリッキから離れ、トボトボと玄関を出て行った。

「またすぐに会いましょうね」

 アルカネットはキュッリッキをしっかり抱きしめ、額にキスをして離れた。

「うん、いってらっしゃい」

 二人の姿が見えなくなるまで玄関前に佇み、そしてキュッリッキは屋敷に戻った。

「さあお嬢様、お仕度なさいませ」

「うん!」

 あと2時間ほどでメルヴィンが迎えに来る予定になっている。

 嬉しそうな笑みを浮かべ、キュッリッキは跳ねるようにして、部屋へ戻っていった。



 ドアノッカーを叩く音がして、セヴェリが出迎える。

「いらっしゃいませ、メルヴィン様」

「こんにちは。リッキーは用意出来ていますか? 迎えに来ました」

 白いスタンディング・カラーの丈の長い上着を着込んだメルヴィンが、柔らかな笑顔をセヴェリに向けた。

「それが……」

 セヴェリは堪りかねたように吹き出した。

「ど、どうしたんです?」

「2時間ほど前からお仕度を始めたのですが、何を着ていくかお悩み状態で。衣装部屋でリトヴァと共に大騒ぎでございますよ」

「そ、そうなんですか」

「こちらでお待ちください、お茶を持ってこさせます。お嬢様におしらせしてきますね」

「お願いします」

 メルヴィンは苦笑すると、玄関フロアにある待合用のソファに腰を下ろした。



「もっともっと、大人っぽい服がいいの!」

「そうおっしゃられても……」

 ハンガーから離れて床に散乱する衣服を眺め、リトヴァは困ったようにため息をついた。そこへノックの音が聞こえて衣装部屋から出る。

「もぉ……大人っぽい服がナイよぅ」

 ベルトルドとアルカネットがキュッリッキのために用意した服は、どれも可愛らしくキュッリッキにとてもよく似合うものばかりだった。しかし、キュッリッキが思い描く”大人っぽい服”に該当するデザインのものがない。

「お嬢様、メルヴィン様がお迎えにみえられましたよ」

「えええっ! もうそんな時間なの!?」

 床に散らかる服を摘んでは放り投げ、また摘んでは放り投げ。

「どうしようリトヴァさん」

「お嬢様、無理に背伸びしようとなさらないでください。これらの服は、どれもお嬢様にお似合いになるものばかりでございますよ。メルヴィン様は今のお嬢様がお好きなのでしょう?」

「う……うん」

「さあ、早く選んでしまいましょう。あまりお待たせしてはいけませんわ」

「うん」

 散々悩んだ挙句、オールドローズ色のシルクに、白いレースとシアン・ヤー・ホン色のリボンで飾られた、クラシカルな可愛らしいワンピースを選んだ。夏も終わり秋に入り始めた季節によく合う。

「やっぱ、子供っぽいかも……」

 鏡の前で唇を尖らせるキュッリッキに、リトヴァは笑ってみせた。

「お嬢様、こうしたデザインのワンピースは、今しか着れないものですのよ」

「どうして?」

「あと10年もしたら、きっとお似合いになりませんわ」

「え……そうなの?」

「そうですとも。こうしたデザインのものは、お若い頃しか似合わないようになっているのでございますよ。わたくしが着たら、自分でガッカリしてしまいます」

「うーん……」

「お嬢様のお気持ちも判らないわけではありませんが、そのお年の頃に似合うオシャレを楽しみなさいませ。メルヴィン様は、今のお嬢様の可愛らしさを好ましく望みますよ」

「そっかなあ」

「そうですとも。もっとご自分に自信をお持ちになってください。大切なのは、メルヴィン様を思うお心。見かけではなく、ありのままのご自分をお見せになって、幸せになってくださいまし」

「そうだね……うん。アタシ頑張る!」

 力んで返事をするキュッリッキに、リトヴァは優しく微笑んだ。



「メルヴィン!」

 階段の上に姿を見せたキュッリッキに、メルヴィンは眩しげに笑顔を向けた。

 飾っておきたいほど可愛らしく装われた少女が、満面の笑顔で小走りに階段を駆け下りてくる。両手を広げると、勢いよく飛び込んできた。

「お待たせっ」

「今日も素敵です」

 照れくさそうに言うと、メルヴィンはキュッリッキの顔を上向けさせてキスをした。

 メルヴィンが迎えに来てくれ、こうしてキスもしてもらい、キュッリッキは嬉しさのあまり全身から力が抜けて座り込みそうになった。

 崩れ落ちそうになるキュッリッキをしっかり抱きしめ、メルヴィンは見送りに来たリトヴァや使用人たちに会釈する。

「リッキーを連れて帰りますね。ベルトルドさんとアルカネットさんに、よろしくお伝えください」

「承りました」

 一同を代表して、リトヴァがにこやかに頭を下げた。

「お荷物などは、今日中にエルダー街のほうへお運び致しますので」

「お願いします」

「リトヴァさん、セヴェリさん、みんな、お世話になりました」

 ようやく自力で立って、キュッリッキはぺこりと皆に頭を下げる。

 大怪我をおってこの屋敷にきてからというもの、沢山お世話になった使用人たち。

「でも、また来週テレビ観に来るね」

 にっこり言うキュッリッキに、セヴェリは涙を浮かべて頷いた。

「いつでも我々は、お待ち申し上げております」

「お身体に気をつけて」

「行こうか、リッキー」

「うん。じゃあね」

 メルヴィンに肩を抱かれて、キュッリッキは使用人たちに手を振った。



 メルヴィンと手をつなぎ、ハーメンリンナの地下通路をゆっくりと歩く。こんな日は、地上をゴンドラでゆっくり進むのも悪くはないかも、とふと思う。メルヴィンと一緒なら、瞬く間に時間は過ぎてしまうだろう。

 大きな手に握られた自分の手に目を向け、キュッリッキは幸せそうに微笑んだ。

 こうして迎えに来てもらったことと、もう一つ嬉しいことがある。

 自分の愛称を、敬称付ずに呼んでもらえたことだ。

 いつも「さん」を付けて呼ばれていた。でも、今は呼び捨てられる。それがとても嬉しい。

 誰にでもそう呼ばれたいわけではない。近しい友人や、仲間、そしてメルヴィンのように恋人には、とくに敬称付けて呼ばれるのは嫌だ。他人行儀に聞こえてしまうから。呼び捨てられることで、関係がもっとも近しくなった気がするから、だから「リッキー」と呼び捨てられて嬉しかった。

「みんなも楽しみに待っていますよ。キリ夫妻は早朝からご馳走の仕込みに大忙しでしたし」

「おばさんの料理、とっても久しぶり」

「はい」

「ライオン傭兵団にきて、アタシってばアジトにいた時間の方がすごく短いんだよね」

「そういえば、そうですねえ……」

 1ヶ月も居ないまま、ハーメンリンナに行ってしまっていたな、とメルヴィンは思い返す。

「でもね、なんだかとっても懐かしいの。ずっと住んでた場所みたいな感じがして。だから、早く帰りたかった」

 キュッリッキには故郷と呼べる場所がない。生まれたのは惑星ペッコで、幼い頃を過ごしたのは修道院。しかしそこは、キュッリッキにとっては忌むべき場所だ。

 現在は皇王とベルトルドによって、皇都イララクスのハーメンリンナに住所登録をされている。でもあまりにもこれまでとはかけ離れるほど上級階級の世界すぎて、いまいち実感がわかない。ライオン傭兵団へ来る前に暮らしていた港町のハーツイーズにも、とくに愛着は湧いていなかった。

 今のキュッリッキにとって、故郷と呼んでも差し支えのない場所は、仲間たちの待つエルダー街のアジトだ。

 自分の帰りを待っていてくれる仲間たちがいて、そして、メルヴィンもいる。

 ハーメンリンナの外に出ると、途端に見慣れ親しんだ街の光景が目に飛び込んできた。行き交う人々の姿も、ハーメンリンナの中とは大違いだ。

「さあ、行きましょう」

「うん」

 一歩進むごとに、アジトが近くなる。

 エルダー街に入ると、昼日中だというのに人通りが少ない。閑散とした雰囲気を漂わせるこれが、エルダー街だと実感させた。エルダー街に住む人々は、傭兵稼業、夜に店を開く者、夜に働く人々が多く住んでいるから、それで昼日中は寝静まっているのだ。明け方干されたままの、ロープに吊るされた洗濯物が、日陰の中風にそよいでいた。

 やがて、白い漆喰に塗られた、界隈では比較的品の良い建物が見えてきた。

 オレンジ色の瓦が抜きでて、陽の光を浴びて明るい。

 元は宿屋だった建物を買い取って、改修してアジトとして使っている、ライオン傭兵団の本拠地。

 メルヴィンが玄関のドアを開いて中に入る。キュッリッキはその後ろから入ると、目の前にはパンツ一枚だけ履いて、そのパンツの中に手を突っ込んで股間をボリボリ掻いているギャリーが立っていた。

「お、キューリじゃねえか! やっと帰ってきたかあ~」

「ギャリー、なんてカッコしてんのよ…」

「さっき起きたばっかでよ、まだねみぃ……」

 そう言ってパンツから手を出すと、キュッリッキの頭を撫でようとして、メルヴィンに手を払われた。

「股間を掻いた手で、リッキーに触らないでください」

「ンな、ケチケチすんなや」

「触っちゃヤなのっ!」

「あー! リッキーさんだああああ」

「えっ、帰ってきたのか!!?」

 シビルとザカリーが奥からドタドタ駆け寄ってきた。

「うわーん、おかえりなさいリッキーさ~~ん」

「キューリおっかえりい!」

「キューリちゃん帰ってきたの?!」

「シビルぅ~」

「また股間掻いた手で触られてるぞシビル」

「ぎやああああ」

「キューリちゃぁん~~ひっさしぶりん」

 一斉に玄関ホールに皆が集まりだし、キュッリッキは面食らってメルヴィンの後ろに隠れてしまった。

「ほらほらみんな、キューリさんがビックリしちゃってるでしょう」

 パンパンッと手を叩く音がして、カーティスが姿を見せた。

「よく帰ってきてくれました。おかえりなさい、キューリさん。ずっと待っていましたよ」

 簾のような前髪の奥でにっこり笑う。

 メルヴィンの後ろに隠れていたキュッリッキは顔をのぞかせると、とても照れくさそうに、

「ただいま」

 と言ってはにかんだ。



「かかかかかかんぱいかんぱーーい!」

「うおらああああ!!」

 わけのわからないザカリーとヴァルトの乾杯の音頭でスタートをきった宴会は、真昼間から盛大に行われた。

 キリ夫妻も一緒に、料理に酒に大盛り上がりだ。

 キュッリッキが帰ってきたら、すぐに宴会をしようと、皆で企んでいたのである。

「どうせカーティスのポケットマネーだからな、遠慮なんかすんなよキューリ! じゃんじゃん飲め、食え!!」

「いきなりこんなに飲めないよお!」

 すでに酔っ払っているギャリーが、ビールジョッキにワインをなみなみと注いで、キュッリッキは目を回した。

 ライオン傭兵団全員が、久しぶりにアジトに顔を揃えた。それでみんなテンションも上がってより盛り上がっている。いつも以上にみんな大はしゃぎしていた。

 そんなみんなの様子を見て、キュッリッキは内心ホッとするところがあった。

 アジトに帰ったら、みんなに話さなくては、と思っていた。

 自分のことを、みんなに聞いてもらうために、話さなきゃと。

 でも、今はこうして、自分が帰ってきたことを喜んでくれている。前と少しも変わらない様子が嬉しかった。もしかしたら、腫れものにでも触るように接してくるのではないだろうか、と不安だったのだ。

 この様子では、今日は無理だろう。だから、明日話そう。みんなに聞いてもらおう。

「リッキー」

 隣に座っているメルヴィンが、気遣わしげにキュッリッキの手をそっと握った。

「大丈夫」

 メルヴィンににっこり笑うと、ビールジョッキを握ってワインをグイッと飲み干した。その様子にメルヴィンがギョッと目を剥く。

「おー! キューリのエンジンがかかったぞ!! ホラどんどん飲め飲めぃ!」

 ギャリーがさらに雄叫びをあげると、ガエルが手にしていた蜂蜜酒の瓶を、キュッリッキのビールジョッキに傾けた。

「飲め」

「ガエルも、もう酔っ払ってる……」

 すっかり目が据わっていた。

「盛り上がってるじゃないかクソッタレども!」

 そこへ、いきなり偉そうな声が轟いて、皆一斉にドアのほうへ顔を向けて仰天した。

「おっさんがなんでいるんだよ!!?」

「誰がおっさんだザカリー! リッキーのための宴会なら、この俺が参加しなくてどうする!!」

「仕事はどうしたんすかっ」

「そんなもんは明日やればいい!!」

 ふんぞり返るベルトルドの後ろから、アルカネットが爽やかな笑顔を覗かせる。

「リッキーさんのお荷物は、全部持ってきましたからね。今部屋に運ばせました」

「あ、アルカネットさんまで……」

「おいカーティス、リッキーのための衣装部屋を用意しろ! リッキーの部屋の箪笥じゃ全部入らん」

「そんな余分な部屋はありませんよ」

「だったら増築しろ! 金は俺が出してやる」

「んな無茶な……」

「さあ、酒も持ってきたぞ! どんどん飲むがいい!!」

「あーもーヤケだチキショー!!」

 ギャリーが吠えて、宴会は再開した。

 朝、あれだけ大仰に別れを惜しんだのは、一体なんだったんだろう。そうキュッリッキは引き攣りながら薄く笑った。



第六章 勇気と決断 「ただいま」 終わり

次回、第七章 召喚士 開始します。




079 勇気と決断 帰宅前夜

目次へ戻る


関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 4

八少女 夕

楽しそう

こんばんは。

やっと帰って来ましたね!
メルヴィンとの恋路ももちろん大事でしたけれど、やっぱりこうしてライオン傭兵団のもとに帰ってこられるとほっとします。
みんな、待っていたんだものね、って。
シビルに抱きつかれるのもうらやましい。

ガエルはやっぱり蜂蜜酒を飲むんですね。うん、あれはメチャクチャ強いらしいですから、ガエルにぴったりかも。

で、あれだけ別れを惜しんでいたので、まさか登場するとは思わなかった御大たち。
きちゃいましたか。

衣装部屋が必要って、なんかすごいなあ。傭兵なのに(笑)
テレビドラマを見る時用に、そっちに置いておいてもらえばいいのに。

次回からは、いよいよ、御大の思惑などが明らかになるのかな?
また楽しみにしていますね。

2015-10-15 (Thu) 05:56 | EDIT | REPLY |   

ユズキ

Re: 楽しそう

八少女さんこんにちわヽ(・∀・)ノ

>やっと帰って来ましたね!

やっとですw
秘密を抱えて初めてやってきたときとは違い、秘密もバレて、でもみんなに受け入れてもらって、最高に嬉しい状態での「ただいま」になりました(^ω^)

>ガエルはやっぱり蜂蜜酒を飲むんですね

この話に登場させるまで蜂蜜酒のこと知らなかったんですけど、度数は製法でだいぶさがあるようですね~。わたしが飲んだことがあるものは10度くらいのもので、甘くて「・・・おえっ」でした(笑)
甘いリキュール系の酒は苦手です>< けどガエルは蜂蜜が大好きなので、蜂蜜で作った酒でもお菓子でもバンバン食べちゃいますw

>まさか登場するとは思わなかった御大たち。

呼ばなくても勝手に押しかけてくる御仁ですしねw 仕事が手につかなくて、アルカネットさんと一緒にしっかり押しかけてきています(笑) このあとリュリュたんからお仕置きまっていますが、とりあえず横においといて、てかんじでしょう(・ω・)☆

>御大の思惑などが明らかになるのかな?

ですです。
なので書き進めるのがちょっと気が重いのです(;´д`)
物語の本題に突き進んでいきますので、お楽しみにです(^ω^)

リクエスト絵を先に仕上げてからになるので、おそらく来月からかもしれないっす!

2015-10-15 (Thu) 16:52 | EDIT | REPLY |   

涼音

今日は。
昨日自分の所全然なのに書き上げてもいないのに、結局耐えきれず、読み逃げし(笑)、今日はもう1本まだ全然なんだけど、一番の難題今回の分はクリアできたので、もう来ちゃいました♪(改稿は書き出したら早いしね)

で、読んだ感想は。

『父親たちの猛反発』
そう来るだろうなとは予測してました(笑)
もう二人とも必死。御大特に大人げない。姑息な手段まで使って(爆)
でも、やはり止められるのはリュリュたんしかいないよね~♪
リュリュたん入るとテンポも良くなってこの話は大いに笑い盛り上がりました^^
あっ、でも、最初のメルヴィンとのキスシーンは予想外でした。
あれだけ求めてるメルヴィンに、思わずニンマリ。
メルヴィン結構箍が外れると情熱的かも♪とか思った^m^
これから何度となく乙女のリッキーにキスだけしか許されず、心の中で悶絶するメルヴィンの姿は想像に難くないです(笑)

『帰宅前夜』
リッキー可愛いですね♪
恋する乙女そのもの。
でも、私もまだ大人っぽい服は似合わないと思うわ。
何か後10年経ってもあまり似合う気がしないのは気のせいだろうか?(笑)
そうそう。メルヴィンは今のままのリッキーを好きになったんだから、今はそんなに背伸びしなくても大丈夫よね^^
それに変に胸元開いた服とか着てたら、メルヴィンを違う意味で困らせそうな気が……。
着れるのは最低でもその意味を本当の意味でリッキーが理解してからよね。うん。

『ただいま』
帰って来ましたね。
皆さんの大歓迎ぶりに良かった良かったと胸を撫ぜ下ろしていましたが、、、。
「えっ?」
やっぱり来ちゃうんだぁ~(笑)
そうだよね。あれだけ簡単に許したんだから、来るぐらいするよな^^;
でも週一で帰るんだけど。。。
だけど、なんかとりあえず帰ったけど、仕事無かったら週一で戻った時にもっと居ろとか色々言い出しそうな気が……。
それに召喚士の仕事だとか言って色々連れ出しそうな気もするし。。。
メルヴィンも勿論ついて行くだろうけど。
まだ色々波乱はありそうな気がしてます(笑)

↑の絵もとっても綺麗♪
バイクとか、ホントに難しそうだし、それを簡単に書いちゃうユズキさんってやっぱり凄いわ。
バランスとか、ホントに難しそうなのに。。。
うちのはどうなるのか、選択肢広げたので誰を書いて頂けるのかも楽しみです^^

おお、次は御大主役ですか♪それは嬉しい^^/
悪代官でも、おっさん4人組の悪巧でもドンと来いです♪
えっ?書きたくないの? 何か楽しそうで、それはそれで私はワクワクしてますけど?(笑)

番外編になっても何になっても楽しみにしてますね^^
とりあえず、私は今から夕飯の下ごしらえしてお風呂入ったら書くわ(笑)

では、では。お互いに頑張りましょうね♪

2015-10-18 (Sun) 16:53 | EDIT | REPLY |   

ユズキ

Re: タイトルなし

涼音さんこんばんわヽ(・∀・)ノ

いつも感想ありがとうございます(^ω^)

>メルヴィン結構箍が外れると情熱的かも♪とか思った^m^

誠実な人だけど、男の人ですしねw
それだけキュッリッキさんに女を感じている、てことだから、キュッリッキさんがそのことに如何に気づくかどうか(・∀・)
でも、性急過ぎて泣かれたら、ちゃんと留まるとは思いますw

>何か後10年経ってもあまり似合う気がしないのは気のせいだろうか?(笑)

今のまま10年過ぎたら、間違いなく似合わないですねーw
見た目は数年経てば大人になると思いますけど、内面がまだまだコドモだから、中身の成長しだいで♪ 胸の大きさだけは奇跡が起きても難しいですね・・・w

番外編を一本はさもうと思っています。たぶん前後編くらいの長さになるかなあ? その中で、二人の様子が、周りにはどういうふうに見えているかが出てきますw キリリク絵がおわったら早速書くですよ(・∀・)

>やっぱり来ちゃうんだぁ~(笑)

あの二人はねえw 今頃リュリュたんとヘイディちゃん(アルカネットの副官)が、オフィスで怒り心頭になっているでしょう(笑)

>それに召喚士の仕事だとか言って色々連れ出しそうな気もするし。。。

涼音さん鋭いですね・・・(きらん

>えっ?書きたくないの? 

物語の核心・・・というか御大の核心に迫っていくので、書くのがツライです><;
起承転結の”転”にあたる部分になっていくのです~。なかなかツライ内容に・・・(ぼそ

>↑の絵もとっても綺麗♪

ありがとうございます(^ω^)
バイク描くの結構時間かかりましたよー><; いかんせ機械類大の苦手で、キャラ15分くらいでパパッと描けていたのに対して、バイクはもう数時間でした(笑)
涼音さんの作品はロマンチックなイメージでキャラクターたちを描けるようにがんばりまねっ!

ゲーム返上でがんばりまっすヽ(・∀・)ノ

2015-10-18 (Sun) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply