ALCHERA-片翼の召喚士- 読み切り特別小咄:彼らのある日の悩み キュッリッキ編

新年最初の【ALCHERA-片翼の召喚士-】は、読み切り番外編です。今日から毎日1本ずつ、計5本掲載していきます。

とくにパッとしない内容ですけど(ぉぃ)、現時点の本編に関わっているエピソードにはなっています。

全部で5話ですが、最後の5話の内容を読んで、現在の7章で「あちゃあ…」て思ってもらえたら大成功(・ω・)☆

暇つぶしにでも読んでやってくださーい。

第一弾はヒロイン様のお話です。




ALCHERA-片翼の召喚士-
読み切り特別小咄:彼らのある日の悩み キュッリッキ編



左寄せの画像《キュッリッキ編:牛乳飲んだらきっと解決!》


 毎日毎日、暇さえあれば――ほぼ暇そうだ――腕立て伏せなどをしているヴァルトに、キュッリッキは神妙に話しかけた。

「ねえねえヴァルトぉ、どうやったらそんなに背、伸びるの?」

「ああ?」

 腕立て伏せは止めず、突っ慳貪に返事をする。

「ちょーどいいや、おいきゅーり、俺様の背に乗れ! クマやろーにやってるみたいに」

 キュッリッキは近くにあったクッションを取ると、ヴァルトの背に置いて、その上に勢いよく飛び乗った。

「げふっ」

 ヴィプネン族やトゥーリ族に比べると、極端すぎるほど軽いアイオン族のキュッリッキでも、勢いをつけて座ればかなりの衝撃になる。

「てめーこのきゅーり! 俺様が潰れるだろが!!」

「ガエルはこんくらい屁でもナイって、いつも平気で腕立て伏せ続けてるけどお~?」

 嫌味ったらしく返すと、ヴァルトはカチンときて鼻の穴を膨らませた。

「この俺様が、あんなクマやろーに負けるわけがねえ!!!」

 フンッと鼻息を吹き出し、ヴァルトは勢いよく腕立て伏せを再開した。

「ねーヴァルトの背の高いの、どうやったらなるのよー?」

 激しく動く背中の上にあぐらをかいて、キュッリッキは絶妙なバランスで座り続けた。

「知るか! こーゆーのは親の問題だろ親の」

 親なぞ片手の指で足りるくらいしか会ったことがない。背が高いかどうかなんて知る訳もなく。

「ヴァルトのバカちん!!」

 小さな拳を作り、ヴァルトの頭をぽかすか殴る。

「いてえ! なんなんだよ!! ぎゅーにゅーでも飲んでろ牛の乳を!」

「牛乳なんだ?」



 キュッリッキは地下の食料貯蔵庫へ行って、牛乳の入っている大きな缶の中を覗き込んだ。

「むぅー、入ってなぁい」

 牛乳は毎朝配達に来る分を、朝のうちにみんなで消費してしまうので、すでに空っぽだった。

 一旦部屋へ戻って財布を持つと、キュッリッキはアジトを飛び出した。そしてエルダー街の中を駆け回り、ライオン傭兵団御用達の飲み屋〈豪快屋〉へ駆け込んだ。

「おやっさーん! 牛乳ちょうだい!!」

 開店前なのに店に飛び込んできた少女を、〈豪快屋〉の主は目をぱちくりさせながらみやった。

「なんでえライオンとこの嬢ちゃんか。随分と早い来店だが、酒じゃなく牛乳ってか……」

 ライオン傭兵団の新入り傭兵として、グルフはしっかり覚えていたが、酒を楽しむ店に来て牛乳を出せと言われてガッカリする。

「おやっさんの牛乳で、アタシの背が伸びるかどうかの瀬戸際なの!」

「へっ?」

「バカヴァルトが牛乳飲んだら背が伸びるって言うんだもん! だから牛乳ちょうだい」

 両手を前に広げて催促するキュッリッキに、グルフは目を白黒させながらも、バイトの店員に牛乳を取ってこさせた。

「ホントに背ぇ伸びるのかあ?」

 大ジョッキに並々注がれた牛乳を、キュッリッキは両手でジョッキを抱えてグビグビ飲みだした。

 キュッリッキの身長は、平均的女子の中では若干低い。気にするほど低くはないが、どうしても周りが長身の男ばかりなので、もう少し高くなりたい。マリオンやマーゴットなどは、キュッリッキよりも身長が高い。シビルやハーマンはトゥーリ族だから、低くても身長を比べてもしょうがない。ペルラやブルニタルもトゥーリ族だが、スラリと身長が高かった。

 とにかくあと5センチは伸びたい。そうすれば、もうちょっとみんなの中でも子供扱いされないと思うからだ。身長が低いばっかりに、子供扱いされている。そう、キュッリッキは信じ込んでいた。

 全部、身長が低いせい! この際年齢の差は頭の中から隔離されていた。

「いい飲みっぷりだが、腹ぁ壊すなよ……」

 心配そうにカウンターの中で首をすくめるグルフに、口の周りを真っ白にしたキュッリッキは、小さなゲップをしながらにっこり笑った。


読み切り特別小咄:彼らのある日の悩み キュッリッキ編 終わり



目次へ戻る

関連記事
オリジナルファンタジー小説

Comments 0

Leave a reply